2018年02月一覧

スポンサーリンク

サイズ・ファクターの優位性は?(2018/2/18)ついでに配当系も

サイズ&配当ファクターの足元の状況確認です。新興国への流入は確認できますが米国株式はいずれも市場平均に対して厳しいです。

クオリティ株インデックスの状況確認(ついでにモメンタムも)

クオリティ・モメンタムインデックスの足元の状況を確認してみました。モメンタムが特に強いw新興国のクオリティ・インデックスも素晴らしいですね。

グロース株投資の強さ(2018/2/15)

グロース株インデックスの足元の状況を確認してみました。特に大型株グロースインデックスの状況は抜群に良いですね。

バリュー株投資の憂鬱(2018/2/14)

バリュー株インデックスの強気・弱気を確認してみましょう。今回の調整局面ではバリュー株インデックスには非常に厳しかったことがわかりますね。特に高配当株インデックスがひどいです。

セクター戦略(2018/2/13)

セクターローテーションの状況を確認してみましょう。相場がざわざわしているのでちょうど良いですね。長期金利の上昇が不安定を招いていることは自明ですが、パウエル・プットはありえない。 ...

【IAU】iシェアーズ ゴールド・トラストの紹介

IAUに投資することで金地金に連動した成果を得ることができます。株式と債券とも異なる値動きは分散投資先として最適です。特に金融政策に注目することが今後重要になりそうです。

非政府系企業は新興国企業のクオリティ・ファクターとなるか

新興国株式インデックスといえばせいぜい国ぐらいでしか選択肢の幅はありませんでしたが、非政府系企業によるクオリティインデックスをご紹介致します。

【VOX】バンガード®・米国電気通信サービス・セクターETFの紹介

VOXに投資することで米国の電気通信セクターにまるっと投資できます。このセクターの代表はTとVZですがどちらもVOXにリターンで劣後しています。知ってましたか?

VOOとVTIの違い(クオリティ・ファクターを考える)

VOOとVTIの違いをクオリティの切り口から考えてみましょう。VOOとVTIにまだ迷っているならばお役に立てるかもしれません。

【XSOE】ウィズダムツリー 新興国株ニューエコノミーETFの紹介

XSOEに投資することで新興国全体に投資しつつ、株主のプレッシャーが弱い国有企業を避けた投資を実施できます。市場を網羅したインデックスとXSOEのそのリターンの差はちょっと驚くものがありました。