すり減る心、消えるお金。

プライベート

久しぶりの更新です。
ちょっと前までは環境に何の変化もないと、ぼやいていましたが大きく変わってきました。

今回の記事は今更ですが、ブログのブランディングのための近況報告が中心となりますが、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

第一子が誕生しました

女の子ですがまさに天使ですね。
泣く時もみゃぁみゃぁ泣いておりとても可愛いです。

新型コロナの影響で在宅を2月中旬頃から行っているため、妻の里帰りに合わせ、私も妻実家で在宅を行っていました。おかげさまで非常に価値のある時間を過ごすことができました。ちなみに会社からも許可はもらっています。

ただし、ここでだけ言わせてください。覚悟はしてましたが妻実家に長期滞在することはとっても大変なことでした。家ごとにルールがありますからね。まぁ、それでも得難い経験だったと思います。

スポンサーリンク

消えるお金

全てを公開しているわけではありませんが、私は資産や収入など私がとても一般的な部類に入ると思ってます。ブログの閲覧者はどんな方であるか知る機会もありませんが、発信する側としては親近感を持ってもらえたら幸いです。

これはリスクに晒している分だけですが上グラフが直近の元本と評価額の推移です。
元本の減少は結婚式と家と出産でこれまでに3度発生しており、評価額はともかく、元本の高値は結婚資金の流出前となっております。

一般的な家庭では結婚前後にお金をよく使うということが分かりますね。なかなか貯まらないです。

スポンサーリンク

新型コロナの影響

新型コロナの影響により株価の下落、金利の下落、ゴールドは若干の上昇をしております。

◆世界株式
finviz dynamic chart for  vt
◆米国超長期国債
finviz dynamic chart for  TLT
◆ゴールド
finviz dynamic chart for  GLD

その結果、TLTを全て売却し、株式とゴールドの割合を上昇させました。今は債券を未保有です。評価額の推移は減ってますが、株式がさらに下落するようならゴールドの売却も検討します。資産規模は小さい為、積極的にリスクは取りに行きたいと思います、

REITは記念購入しました。

高くなれば買いたくなり、安くなれば売りたくなる

人はとても不思議です。将来性に対して投資しているつもりでも、結局は株価が上昇するから買いたくなり、株価が下落するから売りたくなってしまいます。今回、そんな経験をしてしまった方も多いのではないでしょうか。

私もそうですが、高くなれば買いたくなり、安くなれば売りたくなる、平時では考えられない判断をしてしまうそんな経験もなかなか得難いものだったと思います。まぁ、人に対して偉そうに言える立場ではありませんが、経験してみなければ分かりづらいですよねきっと。

今回、特に新型コロナの影響を受けているのは何でしょうか。
航空株?
小型株?
REIT?
原油?
産油国株式?

色々ありますね。
価格が下落したからこそ買いたくなるものはもう皆さんも見つけましたか。

資産価格の変動に耐えられるか

最近は貯蓄から資産形成の流れもあり、日本以外の国のように資産価格の下落を肌身で感じる方も多かったのではないでしょうか。株価のみならず、為替、金利等の価格変動率が上昇しており、いろんな投資家の思惑が交錯していることが想像できます。

資産価格の変動に耐えられなければ、対処が必要ですね。

投資は退場しないことが重要です。私も年に数回しかブログを更新しませんが気が向いた時に更新し、何とか継続しています。

私は1986年生まれ、先もまだ長く、投資もブログも継続したいと思っています。

コメント