資産公開

ここでは資産公開してポジションをリアルタイムで晒しています。人のポジションは参考にするべきではありませんが、興味がある対象だと思うのでご覧になって下さい。なお、個別の損益率は記載していませんが、全体の損益率推移は後ほどに書いています。

損益率は過去に対する結果であり、今のポジションに対して当人にも意味が無いと私は思っております。ご了承下さい。

スポンサーリンク

資産公開(現金を含まないリスク資産内訳)

ポートフォリオのセクター内訳(海外ETFのみ)

比率でソートしていないのは景気に対して敏感であるかをグループしているからです。循環セクターは素材・循環消費・金融・不動産、敏感セクターは電気通信・エネルギー・工業・テクノロジー、鈍感セクターは生活必需品・ヘルスケア・公益事業です。

ポートフォリオの地域内訳(海外ETFのみ)

ポートフォリオのエクスポージャー比率

米国配当株:DLNDONDES
新興国株:VWOXSOEDEMDGS
セクター戦略VDC
高配当戦略DHS
クオリティ株VIGDGRWSDY
小型バリュー株VBR
グローバル:つみグロ、楽天VT、ひふみ
日本株:147814941489
債券EDVHYND
ゴールドIAU

分配金受領実績

分配金受領実績推移

国内ETFのグローバルミニポートフォリオ

国内ETFだけでグローバルポートフォリオを組んでます。手軽に分散したグローバル投資が出来ることが魅力ですね。分散先はざっくりと国内株:先進国株(日本を除く):新興国株:米国債券です。それぞれ、1478165616571658です。

スポンサーリンク

これまでの運用実績推移(2016年10月以来)

私はベンチマーク(BM)をつみたてNISAの成績としています。なので、2018年1月から運用開始しています。実績は入金額に対するリスク資産総額(円・ドルの現金含む)とする。

投資実績の推移

*評価額は配当再投資込み・税込の円建。元本は入金金額のみです。

*入出金が期中の中央日にあったと仮定した概算です。

これまでの年次推移と月次推移

今後の希望的観測、つまりロードマップ

ロードマップ長期

基準値の条件:年率5%、毎月10万円入金とする。

将来の評価額は年率パフォーマンスを適用しています。

今後の入金の具合とかも変わるかもしれませんので、このロードマップは状況に合わせてちょこちょこ変更すると思います。ただ、こんなイメージを持って長期運用(30年)していることが伝われば良いなと思います。まだまだ始まったばかりだということがうんざりするほどわかりますね。今後は上下に蛇行しながらも指数関数的に伸びることを期待しましょう。

ただ、あまりに分かりづらいのでもう少し左下にズームアップした短期のロードマップも作りました。5年ほどのロードマップです。

ロードマップ(短期)

ここの基準値も上記同様(毎月10万入金、年率5%運用)です。ここまでズームアップしてようやく動きが見えるようになりました。今後も継続観測・記録をしていきましょう。

 

金融資産所得推移
皆さんは給与所得以外の収入をお持ちですか? 例えば、株式の配当収入、不動産の家賃収入、特許収入等様々ありますよね。 この記事では給与所得以外の収入を記録します。 給与収入に依存しない、自由な生き方を目指す軌跡となることを願っています...