スポンサーリンク

国内REIT ETF比較-1343,1345,1597,1595,1398,1476,1488

シェアはどのボタンにする?

どーも、のぶです。

不動産に投資出来るREITは手間もかからず少額で出来る為、個人投資家にとっても人気が高いです。債券や株式を超える利回りが魅力の一つですね。

現在、東証に国内REITとして7つのETFが上場しており、何が何だかわからない方も多いのではないでしょうか。今回は国内REITの比較をしてみましょう。ただし、連動するインデックスは同様の為、大きな違いがあるものではありません。



比較対象REIT-ETFの概要

 
コード名前運用会社ベンチマーク経費率資産額(10億円)
1343NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信野村AM東証REIT指数0.32%259
1345NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信日興AM東証REIT指数0.3%137
1597MAXIS Jリート上場投信農林AM東証REIT指数0.25%89
1595NZAM 上場投信 東証REIT指数三菱UFJ東証REIT指数0.248%94
1398SMAM 東証REIT指数 上場投信三井住友AM東証REIT指数0.22%46
1476iシェアーズ Jリート ETFブラックロック東証REIT指数0.16%56
1488ダイワ上場投信-東証REIT指数大和東証REIT指数0.155%40

*2017/11/26時点

ベンチマークは全部「配当を含まない東証REIT指数」でした。

経費率はブラックロックと大和が一歩リードしています。

資産額は圧倒的に野村、次点は日興AMですね。

 

1476だけ個別に記事にしています。

【1476】iシェアーズ Jリート ETFの紹介
東証RIETに投資できる【1476】iシェアーズ Jリート ETFを紹介致します。長期保有すればインカム収入を、短中期であればキャピタルゲインも有望です。

国内REIT-ETFのパフォーマンス

コード3か月間6か月間1年間3年間
東証REIT指数-4.7%-6.0%-8.8% 
1343-3.8%-4.3%-5.5%4.3%
1345-4.59%-5.97%-8.64% 
1597-3.81%-4.33%-5.49%4.4%
1595-3.81%-4.33%-5.52%4.2%
1398-3.70%-4.2%-5.4% 
1476-3.79%-5.43% 
1488-3.8%-4.3%-5.4% 

*2017/10/31時点の各月報から参照

ほとんど団子ですね。ベンチマークが配当を含んでいない為、配当を再投資して算出しているパフォーマンスとの直接比較、及びETFの比較が困難です。どうせ同じ指数の比較ですから、信託報酬と出来高から選ぶことが大事になります。

私は1476をお勧めします。

何よりホームページが見やすいです。

最後に東証REIT指数の10年チャートをご覧下さい。

REITは決して中リスク商品ではありません。値動きは株式とも債券とも異なり利回りはそこそこ高い利回り商品ですが、チャートを見る通り、一旦流動性が失われれば底なしの下落です。これはREIT自身の特性で決してサブプライムローンが原因ではありません。底値で拾うことが出来れば従来の利回りの高さと低金利環境下で無尽蔵に資産を膨らませる特徴から大きな資産成長が見込めるハイリスクハイロマン商品です。

REITとは?本当に中リスク商品なのでしょうか。
REITは株式とも債券とも違う値動きの高利回り商品です。バランスファンドや分散を目指したポートフォリオにはよく組入れられています。REITのリスクはどこにあるのでしょうか。REITの仕組みから内容の確認をしてみましょう。

では、また。

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク