スポンサーリンク

米国債7〜10年ETFの比較(IEF,1656,1482)

SHARE

どーも、のぶです。

ブラックロックの米国債7-10年ETFを比較してみましょう。

なお、バンガードも米国中期政府債券のETFを設定していますが、対象年数は3-10年です。今回紹介するブラックロックの債券ETFはバンガードの債券ETFより、償還期限迄が長い為、利回りが高く、金利に対するリスクが大きくなります。

債券ETFは個人投資家にとってとても使いやすいです。その特徴は以下の通りです。

  • 償還期限が無い為、債券の現金化リスクはありません。
  • 債券ETFは常に市場で売買されるている為、元本毀損リスクがある。
  • 保有期間が長くても生債券と異なり、インデックスの性質が保持されます。

今回比較するETFは3つです。

  1. IEF iシェアーズ 米国国債7-10年 ETF(以後IEF)
  2. 1656 iシェアーズ コア7-10年米国債ETF(以後1656H無)
  3. 1482 iシェアーズ 米国債7-10年 ETF(為替ヘッジあり)(以後1482H有)

3つと言っても内容はほとんど同じです。

違いは購入通貨と為替ヘッジの有無です。

債券投資の本懐
債券投資の基本をまとめました。債券価格の変動要因はご存知ですか?ゴールドとの違いはご存知ですか?債券投資をする際の基本的知識を確認しましょう。



米国債7-10年ETF-IEF,1656H無,1482H有の概要

銘柄経費率利回りファンド籍
IEF0.15%1.83%アメリカ
1656H無0.14%—%日本
1482H有0.14%1.72%日本

あれま。ヘッジ付きでも利回り高いですね。
ですが、一般的に高金利通貨のヘッジをする場合はコストが発生する為、利回りが低下します。注意してくださいね。

米国債(ヘッジあり・ヘッジなし)と日本国債の利回り比較

米国債7-10年ETF-IEF,1482H有,1656H無の特徴

銘柄実効デュレーション標準偏差(3年)beta
IEA7.475.22%-0.19
1656H無7.52
1482H有7.48

海外ETFはデータが豊富なのが良いですね。国内ETFはあまりありません。最低限の実効デュレーションはわかりましたけどね。これは金利感応性で、債券利回りの上昇がどれくらい債券価格に影響あるのかを示します。つまり、7-10年債券は長期金利が上昇し、長期金利が1%上昇したら価格が7~8%ぐらい安くなります。

betaもマイナスなので、SP500が下落した時にはこれらの債券価格は上昇することを示しています。

ちなみにこれまでの長期金利の推移を載せておきますね。

米国長期金利の超長期チャート

これは長期金利のチャートなのでこの金利が上昇するほど、債券価格が下落することになります。これを見れば30年以上、債券価格は上昇し続けていたことがわかりますね。

米国債7-10年ETF-IEF,1656H無,1482H有のパフォーマンス(2017/10/31)

銘柄1年間3年間5年間10年間
IEF-2.99%2.81%1.48%5.09%
1656H無
1482H有-3.78%

米国長期金利の2年間チャート

米国大統領選挙後に潮目が変わりちょうど金利が上昇した為、直近1年間のパフォーマンスは悪化していますね。債券ETFの価格はこの長期金利により影響を受けることは知ってください。

米国債7-10年ETF-IEF,1482H有,1656H無の選択

  • IEF:ドル建てで買い付けしたい方
  • 1656H無:円建てで買い付けしたい方
  • 1482H有:為替変動リスクを受け入れられない方

まず、IEFと1656H無は同じ投資対象に投資する為、投資成果は似てます。ですが、海外資産への投資なので為替変動リスクを受け入れる必要があります。投資対象の資産価格の変動以外に為替の影響だけで円建ての資産価格はだいたい年率10%変動してしまいます。

それを嫌う方は1482H有がオススメです。ですが注意が必要なのはヘッジにもコストがかかる為、日本人にとって常にヘッジ有りが重要だとは限らないことです。ヘッジ有りのコストは日米の短期金利差により発生します。金利の高いドルを売って金利の低い円を買うので金利差がコストになるのです。

為替ヘッジの商品を購入したい方はコストの原理を知っておきましょう。もちろん、金利差が逆転した際にはヘッジすることでコストではなく+αの収益になります。その時には米国債の価値はなさそうですがw

これが直近の為替ヘッジコストの推移です。

ドルヘッジコスト推移

なんだか最近上がってますね。きっとヘッジ付きの債券利回りは今後さらに低下するでしょうね。

さいごに

今回は米国債7-10年ETFを比較させて頂きましたが、ドル建て、円建て、ヘッジ付きと豊富な対象が揃っていました。債券クラスを投資対象とした場合、米国債は外せません。そのコアとなる可能性が高いETFなので選択肢が豊富なのは良いことですね。

債券ETFであれば、債券価格が下がって利回りが向上するほど再投資の効果も上がります。もし株式が高くて買えないのであれば債券を買うのはいかがでしょうか?株式が上がり続けることになれば安くなった債券を買い続ければ良いだけです。

では、また。

SHARE

FOLLOW ME



スポンサーリンク