スポンサーリンク

IVVとVOOの比較

シェアはどのボタンにする?

今回はIVVとVOOの比較を記事として取り上げさせて頂きます。

インデックス投資をするのであれば右肩上がりの市場に投資しなければいけません。その点、全く心配がいらないのがIVVとVOOです。共にSP500(米国大型株)との連動を目指すETFです。おすすめETFの第1位として今後も継続して紹介し続けることが出来ます。

おすすめETF
ドル建てのETFを運用することで様々な資産クラスに投資をすることが出来るようになりました。今の投資環境は本当に恵まれています。無数の投資先から選ばなければならないのはむしろ贅沢なのかもしれません。

IVV,VOOは同じSP500に連動する為、値動きが一緒です。では、どのように比較を行いETFを選定すれば良いのでしょうか。

まずは、前提条件としてSP500に投資するとし、SP500の特徴に関しては割愛して記事を進めます。SP500の特徴も含めた内容については別途記事ご参照下さい。

「SPY」,「IVV」,「VOO」-株式のメジャーベンチマーク。他の指数は所詮マイナー。
何に投資して良いのかわからない。では世界でスタンダードな株式指標は何でしょうか?それがSP500なのです。「SPY」「IVV」「VOO」こそ世界で最も注目されている指数に連動します。

ちなみに、HDV・VYM比較の様に異なるインデックスに連動するETFについてはインデックスの違いを観察する必要が有りました。今回は連動するインデックスが同じパターンです。

尚、「連動するインデックス」は「ベンチマーク」と言い換えることも出来ます。仕事の業界によっては目標とする「ベンチマーク」を一般的に使う方もいらっしゃるかもしれませんね。

HDVとVYMの違い。
HDVとVYMの違いを記事にしてみました。どちらも米国大型高配当株です。ですが、インデックスに注目すると随分違う趣を感じるはずです。どちらも素晴らしいETFなので迷うのは当然です。皆さんはどちらに投資しますか?

同じインデックスの選択においては下記項目を比べてみましょう。

  • 経費率
  • 資産額
  • 出来高



IVV,VOOの概要

ティッカー経費率資産額利回り運用会社
IVV0.04%102B1.87%ブラックロック
VOO0.04%311B1.91%バンガード

利回りは比較において関係ありません。インデックスへは配当再投資のトータルリターンで連動を目指すので全てコミコミだからです。(但し、税金がかからない理想世界での連動)

細かいことを気にする方であれば利回りは低いほうが良いかもしれません。何故ならば、配当再投資を実施するにおいては分配金に税金が掛かる為、利回りが低くてもSP500に連動できる方が無駄が少ないと考えられる為です。

IVV,VOOの経費率の差について

同じ経費率です。

お互いに値下げをしながら価格破壊中です。電化製品と同じです。しかし、決定的に違うことは叩き売っておしまいではないことです。経費は資産額に対して継続的に発生する為、今後も値下げ合戦は継続すると考えられます。

各社が値下げをするインセンティブは受託者責任を優先することをアピールする為です。所謂、フィデューシャリーデューティーです。(3回打ち直しました。)

「フィデューシャリー・デューティー」の衝撃 政府が本腰、金融機関のあり方を根幹から揺さぶる「新概念」
「フィデューシャリー・デューティー」という言葉を聞いたことがあるだろうか。一部の金融界の人を除けば耳慣れないこの概念が、日本の金融機関のあり方を根幹から揺さぶろうとしている。

例えばですが、最近ロボアドが増えています。ロボアドは経費率が最安のETFや投資信託を採用することで、投資家に対して受託者責任を優先している姿勢を簡単に示すことが出来ます。

しかし、一方で割高の経費なのに同じ系列企業の投資信託をしれっと採用しているようなロボアドやバランスファンド、ファンドラップがあったりします。なぜ、割高のETFや投資信託を採用しているのかが今後、説明することが困難になることが予想されます。勿論、我々のような個人投資家の他にソブリンファンド、年金機構等も控えており、今後も莫大な資金需要が予想される為、ETFの運用会社も必死になります。

このIVV,VOOはETFや投資信託の内で最も安い経費率で運用されています。その理由は投資先として最もコアとなり得る商品だからです。その為に今後も競い合いながら経費率が下がっていくことが予想されます。

つまり、IVV,VOOを経費率から選ぼうとしても、わずかな差しかない為、どっちでも良いと思います。きっと今後も値下げは続くでしょう。私は経費率0%になると思っていますよ。

ETFの経費率は0%になるのか?
ETFはそのユニークな組成方法から圧倒的なコスト競争力がありました。その行き着く先は無論0%です。果たして経費率0%は実現可能なのか一考の価値はあります。

IVV,VOOの資産額の差

次に資産額の差にフォーカスしていますが、購入した瞬間の乖離の大きさを考慮する為です。なので、資産額の大きさそのものが重要ではなく、日頃の出来高の大きさ(流動性)が選定のポイントになります。

ETFは市場でタイムリーに売買出来ることが特徴でしたが、市場で流動性が損なわれた場合、それが仇となってしまうことがあります。大袈裟に言うとETFの市場価格だけがストップ安をを起こして、インデックス(基準価格)との乖離が発生したりします。ですが、様々な参加者が参加し分厚い出来高が形成されていればそんな心配は必要ありません。まぁ、そんな大変な時に慌てて売却しないように普段から心掛けたいですけどね。

資産額はどちらも100B💲超える怪物ファンドです。
流動性の心配は無さそうです。

つまり、流動性の差ではどっちでも良いと思います。

ちなみに日本のETFは流動性に不安があります。
ですがこんなグッドニュースがありました。今後も前向きに取り組んでほしいですね。

マーケットメイカー制度 | 日本取引所グループ
日本取引所グループは、東京証券取引所及び大阪取引所などを傘下に持つアジアを代表する取引所グループです。

IVV,VOOの運用会社の差について

次に虎の子の資産を預ける運用会社について調べてみましょう。

ブラックロックの概要

世界最大の運用規模を誇る資産運用会社です。
世界のGDPの約6%となる約500兆円を運用しています。
従業員も11,000人を超える上場企業です。(ティッカー:BLK)

これを見ると下手なインデックスファンド買うよりもBLK買った方が良さそうですねw
配当利回りも2.59%です。

立派な上場企業としての強みがありそうです。米国は企業統治とかうるさいですからね。しかし、同時に株主への還元も必要となることが弱点になりそうです。

バンガードの概要

バンガード・グループは1976年に初のインデックスファンドを設定以来、低コストのインデックス運用における第一人者です。運用規模は約400兆円を超え従業員も15,000人を超える巨大グループです。特筆すべきは米国におけるユニークな所有構造です。バンガード・グループは自らの運用するファンド・ETFによって所有されています。その為、バンガード商品を所有する投資家がバンガード・グループの所有者となることで、バンガードの利益と投資家の利益を両立することが出来ます。余計な出資者がいない訳です。面白いですよね。このユニークな所有構造によりバンガードは投資家利益を最優先すると断言することが可能です。

つまり、運用会社の差ではバンガードに軍配が上がりそうです。

では、IVV,VOOはどっちが優れているか?

経費率の差ではどっちでも良いと思います。

資産額の差でもどっちでも良いと思います。

運用会社の差ではバンガードに軍配が上がりました。

つまり、IVV,VOOの商品そのものはどっちでも良いと思います。
たまにはインデックスではなく運用会社で銘柄を決めるのも良いかもしれませんね。

では、また。

米国大型株配当ETF-DLN(SP500の対抗ETFとなるか!?)
DLNは高配当ETFではなく、大型株で構成された配当株ETFです。あくまで配当の大きさでウェート付けを行っているだけです。ですが、その時価総額加重型ETFとは一味違うウェート付けは我々にいったい何をもたらしてくれるのでしょうか?

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク