スポンサーリンク

【LQD】【VCIT】投資適格社債の比較

SHARE

米ドル建ての投資適格社債へ投資できる【LQD】と【VCIT】を比較してみましょう。

投資適格社債投資は株式投資に比べ、リスクを抑えた運用ができます。なぜならば、企業の利益は将来の見通しが立たなくても、固定利付の債券であれば確実な収益が得られる見通しがあるからです。

あ、もちろん倒産したらおじゃんですけどね。それは株式も債券も同じです。投資家が得られる利益の質に大きな違いがあります。

投資適格社債は優良企業が発行する債券なのでデフォルトする可能性は低いです。その分、国債金利に上乗せできるスプレッドは僅かですが、低金利な今の時代には貴重な収益の機会となります。



【LQD】【VCIT】投資適格社債の概要

ティッカーLQDVCIT
名前投資適格社債ETF中期社債ETF
インデックス名

Markit iBoxx米ドル建てリキッド
投資適格指数

ブルームバーグ・バークレイズ
米国社債(5-10年)指数

経費率0.15%0.07%
利回り3.18%3.22%
資産額39.45B$19.97B$
デュレーション8.43年6.44年
平均残存期間12.45年7.50年

引用:morningstar LQDVCIT

まず、経費率はVCITに軍配が上がります。一方、資産額はLQDが上回りました。デュレーションに関してはVCITが低いので金利に対するリスクは低いですね。そして金利リスクの割に利回りは同等でした。

【LQD】【VCIT】投資適格社債の中身の違い

LQDとVCITの信用格付け

格付LQDVCIT
AAA3.18%1.86%
AA10.69%7.08%
A39.48%35.49%
BBB46.6%55.57%
BB0.05%0%

概要でもわかりましたが、インデックスが違うので内容はかなり異なります。格付けで見れば全体的にLQDが高いようです。企業の信用力が高いほど、スプレッドは低くなりますが、値動きが安定します。

LQDとVCITの残存期間

残存期間(年)LQDVCIT
平均12.45年7.5年
1~30.96%0%
3~522.3%0.04%
5~714.57%38.23%
7~1025.13%58.32%
10~153.23%3.01%
15~207.18%0%
20~3023.92%0.26%
30~2.72%0.14%

LQDは残存期間に縛りがないので幅広く分布していますね。3~5年未満物・20年超物も20%以上含まれていますね。

VCLTは10年未満が多くを占める中期債券で構成されます。

このような結果から平均残存期間はVCLTがより短いので、金利リスクが低い結果になっています。

【LQD】【VCIT】投資適格社債のパフォーマンス

LQDとVCITの価格推移

これは価格推移です。あまり値動きに違いはありませんが、VCITがより小さいように見えますね。経費率の差も大したことはないのかもしれませんね。

LQDとVCITの5年間リスク・リターン

 LQDVCIT
標準偏差4.854.15
リターン3.293.3
シャープレシオ0.640.74
ソルティノレシオ0.991.15
  • 標準偏差:値動きの大きさ
  • シャープレシオ:値動きに対する投資効率
  • ソルティノレシオ:下方リスクに対する投資効率

LQDは格付が高くVCITは残存期間が短いですが、結果としてすべての項目でVCITがLQDを上回っています。VCITはリスクリターンのバランスに優れていることを示しています。

【LQD】【VCIT】投資適格社債の所感

ほどほどリスク、ほどほどリターンが同居した投資対象として投資適格社債ETFのLQDとVCITを比較してみました。全体観を確認する為に投資適格社債の米国債とのスプレッドを眺めてみましょう。

投資適格社債のスプレッド推移

これはそれぞれの格付社債の米国長期金利差の推移です。つまり、社債投資における上乗せ利回りの大きさを示しています。〇〇ショックと呼ばれるような金融不安がささやかれた時にこのスプレッドは拡大し、社債が売られていることがわかります。

本記事冒頭では低金利時代において上乗せ利回りを得るのに社債投資は有効だ、と書きましたが現状は十分な利回りを投資家が得られていないかもしれませんね。リスクが低いからと、大きな金額を投じるには旨味が少ないことには注意が必要です。

ともあれ、今回は投資適格社債ETFの比較でしたが、VCITが低コストで景気上昇局面で優れた結果を残していました。ご参考になれば幸いです。

投資適格社債ETF-LQD(優良企業の社債へまるっと投資!)
LQDは投資適格社債に広く分散し、そこそこの利回りとそこそこの安定的な値動きが特徴の債券ETFです。リーマンショック以前からも堅調な成長をしており、リスクを抑える運用に組み入れるのも良いかもしれませんね。
【VCIT】米国中期社債ETFの紹介
VCITに投資することで米国投資適格中期社債に投資することができます。リスクを抑えた適度なインカムを得るのにぴったりな投資対象です。もっと評価されるべきETFの一つです。

では、また。

SHARE

FOLLOW ME



スポンサーリンク