スポンサーリンク

連続増配企業への投資-これぞ株式投資の王道

シェアはどのボタンにする?

どーも、のぶです。

今回は連続増配する企業への投資についてです。

投資家が100人いれば、100のポートホリオがあります。最近はロボアドで同じポートフォリオもあるかもですが。

私は素人投資家が投資する際には配当金に着目することが一番わかりやすいと考えています。株価の指標は無数にあります。最もメジャーな指標でもPER,PBR,PCFRとか、過熱感を示すオシレーター系のRSI,ストキャストか、トレンドフォロー系の移動平均,MACDとか、相場の強さを見る出来高指標とかキリがありません。

こんな無数にある指標に従って売買することなんて私にはできません。おまけに、財務状況とか競合の動向とかリスクヘッジの方法とかやることは運座入りするほどたくさんあります。

ですが、素人投資家が配当金に着目して投資を実践することはとてもシンプルでわかりやすい方法だと思います。

なぜならば米国企業の配当金は景気の波に左右されず、経営者が最低限株主に対して歴史的に還元してきた姿勢があるからです。

米国株の配当と自社株買いについて。
米国株と日本株の大きな違いは2つあります。資産価値が上昇する環境と経営者の株主に対する姿勢です。その違いをもう一度しっかり確認してみよう。20年間分のSP500の配当金と自社株買いの規模の推移をご覧下さい。



連続増配株投資とは

とっても簡単です。連続増配株に投資し続けることです。連続増配の定義をグーグル先生に聞いたら丁度はちどうきゅうどうさんの記事がトップに出たので引用させて頂きます。

連続増配年の定義 実は毎年増配しなくても良い
アメリカ企業には数多くの連続増配銘柄が存在しており、50年以上増配を続ける配当王(Dividend King)、25年以上の増配を継続する配当貴族(Dividend Aristocrats)という呼称すらある。ここでのキーワードは、”連続増

毎年増配しなくても、決算毎の配当金が増加すれば連続増配株になるようですね。尚、米国株で10年以上増配している企業は337社、20年以上増配している企業は158社でした。連続増配企業リストはこちらのサイト(The DRiP Investing Resource Center)で詳しく入手できます。ここから選ぶのを妄想するだけでも楽しそうですね。

代表的な銘柄としてJNJを見てみましょう。

引用サイト:Dividend.com

配当金は美しいと思えるほど増配を続けています。株価も長期でみれば順調に右肩上がりでした。ただし、利回りを見るとちょいちょい調整をしていることがわかりますけどね。これはまさに理想的な連続増配株への投資結果です。

連続増配株へ投資することで着実にインカムゲインとキャピタルゲインの2兎を追うことに可能にしています。

連続増配株投資をする際の重要な指標

あらかじめ連続増配株のスクリーニングを行うことである程度の選別が出来ます。その企業の特徴は安定的なビジネス・財務基盤です。その為、選別する為の指標もある程度絞ることが可能になります。特に注目すべき指標はキャッシュを稼ぎ続けることができるかどうか?

下記4項目を最低条件としてスクリーニングすることをお勧めいたします。

この最低限の項目とプラスαの好みで銘柄選定されると良いでしょう。
もう一度URLを掲げますがこちらのサイト(The DRiP Investing Resource Center)で企業リスト入手してみて下さい。きっと想像以上の数の企業で驚くことになるでしょう。

①連続増配年数:10年以上

好みで25年以上等で絞っても構いません。ですが、経営環境の変化はどの企業にも平等にリスクを孕んでいる為、増配年数が長ければ良いわけではありません。逆に言えば上記のようにJNJは早く投資すればするほど投資リターンは大きかったことでしょう。

②利回り:2.5%以上

過去の米国企業の配当利回りを見れば2%ぐらいが平均的な利回りでした。つまり、2.5%以上であれば利回り基準でみれば割安であると判断できます。もちろん、もっと利回りが高い企業でスクリーニングすればハイリターンの可能性も高くなります。

③営業利益率の高止まり及びCFPS成長率が0以上

ここが最も重要な指標だと思います。今後も安定してキャッシュを稼ぎ株主への還元及び増配を続けることができるかをここで確認します。企業の支払う配当金は業績と関係無く、従業員の基本給のように最低限払わなければいけないものと経営者は刷り込まれていますから。

④減配、無配転落は即叩き売り

銘柄に惚れることはせず機械的に付き合いましょう。

連続増配株へ投資可能なETFは?

現在の日本の投資環境では、VIGとSDYのみです。個別に別途記事にしています。決算の確認が面倒で個別株では選べない私にはぴったりのETFです。

連続増配ETF-VIG(10年以上の実績を持つテッパン銘柄群!!!)
VIGのETF紹介です。10年以上連続増配実績を持つ企業群をまるっと買えるETFです。配当を出し始めて10年経ったら準配当株として株価と配当の両方の伸びを享受出来るかもしれませんね。
米国高配当貴族株式ETF-SDY(連続増配の永久保有銘柄群にまるっと投資!)
SDYは20年連続増配実績を持つ強固なビジネスモデルを持つ企業群で構成された配当加重型ETFです。増配を続け配当支払いが多い企業ほど採用比率が高まる為、ETFのメリットを最大限活かしたETFと言えるでしょう。
  • VIGの10年間リターン:7.59%
  • SDYの10年間リダーン:8.01%

引用:yahoo米(2017/4/14)

手間がかからない手抜き投資でこのリターンは素晴らしいですね。素人投資先として十分にな価値があります。

さいごに

様々な投資方法がありますが今回は連続増配株への投資を紹介させて頂きました。ETFでも投資が簡単にできるのでおすすめです。30年後を目指す自分年金であればきっと素晴らしい結果を得られることでしょう。

私が素人投資家向けに推奨する投資手法は連続増配株投資と高配当株投資です。興味があればぜひご覧下さい。

高配当戦略について
素人投資家×高配当戦略×ETFの組み合わせはおそらく私にとってベストです。最適解を追うことは出来ませんが、高配当戦略の特長を最大限に活かした運用の鍵がETFにありました。不労所得の源泉は配当株に決まりです。

では、また。

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク

『連続増配企業への投資-これぞ株式投資の王道』へのコメント

  1. 名前:連続増配銘柄メモ | 医学生投資家の株ブログ 投稿日:2017/11/07(火) 22:30:54 ID:bcfdf59fe 返信

    […] ・連続増配企業への投資-これぞ株式投資の王道 […]