為替リスクへの対応について。

素人投資家戦略

外国株投資において気になることの一つに為替リスクがあります。

私が素人投資家として為替リスクに対する対応をここで明文化します。

 

スポンサーリンク

為替リスクとは

外国為替レートの変動により資産価格が変動するリスクです。
もちろん外国株は外国為替レートにより円建資産が価格変動します。

ちなみに、国内株においても企業収益が為替レートの影響を受ける場合は為替リスクが発生しております。また、日本市場を外国から眺めた場合、円安であれば割安に見えます。

 

素人投資家の為替リスクへの対応なので予め前提条件を幾つか設けます。

 

  • 投資先はETF商品が豊富なアメリカ市場とするので、円でドルを購入します。但し、気を付けたいのはドルでETFを購入しても為替リスクはドル円だけではありません。購入した資産がどこの通貨建なのかが重要になります。ドルでドルヘッジの日本株を買うことだって出来ますし、新興国株や新興国債券であれば新興国通貨安で資産価格が毀損します。場合によってはグローバル企業だったりもしますし、企業が独自に為替ヘッジをしていることもあります。
ETFって何?
ETFって何?投資信託と比べたその優位性について記述しました。どちらも一長一短ですが、購入する金融商品の特徴は把握しておきましょう。実は、ETF内の2つの税金はかからないのです。知ってましたか?
  • 投資対象は長期投資において最もリスクが小さく、最もリターンが大きい株式を対象とします。
本当に株式投資で良いのかな?
株式投資のリスクは高いと思いますか?実は長期運用を前提とした場合は株式投資のリスクは債券投資より低くなり、リターンも最も高くなります。株式投資に自信を持つことが出来れば長期運用も気が楽になりますね。
  • 購入単価が平準化されれば気休め程度にリスクは減少します。但し、短期的な変動は素人投資家故に予測出来ず、変動がある度に歯を食いしばる必要があります。なぜならば円が安ければ評価額は増大しますが、購入できるドルが高くなりますし、円が高くなれば購入できるドルは増えますが評価額は減少するからです。
時間分散・価格分散(苦肉の策が最大の盾となる!)
素人投資家が長期運用をするにはそれなりの覚悟が必要です。皆さんは投資の玄人ですか?それとも素人ですか?もし素人なのであれば上手に買うことを本当に諦めることが出来ますか?ですが、諦めることが最大の盾となるのです。
  • 短期間での絶対利益は素人投資家故に諦めている為、長期での為替リスクのみを考慮します。

 

スポンサーリンク

長期的な為替変動要因とは

為替変動も株価変動と同様に複雑怪奇魑魅魍魎跋扈する世界ですから、誰も精確に予測することは出来ません。諸説あります。実際FX長者もいますからね。

 

要因①インフレ率の差

インフレ:物価が上昇し通貨が安くなる事象

デフレ:物価が下落し通貨が高くなる事象

これらを数値化したものがインフレ率です。

 

例えば、アメリカでインフレ進行期待が発生し、一方で日本はデフレ懸念がある場合。

円高ドル安を招き、円建での評価額は減少させますが、アメリカで物価が上昇しすることでドル建資産は増加します。尚、株式がインフレに強いことは歴史も証明しております。

同様に、アメリカのデフレ進行が懸念された場合、円安ドル高を招き、円建での評価額は増加しますが、ドル建資産は減少します。

 

要因②金利差による為替変動

2国間の通貨において金利差がある場合、低い金利通貨で高い金利通貨を買う裁定取引が活発化します。銀行に預けても雀の涙しか金利が得られない場合、高金利の通貨に両替することで金利収入が発生する為です。また、FX(証拠金取引)でも低金利通貨を売り、高金利通貨を買うことで金利差であるスワップポイントを得ることが出来ます。つまり高金利通貨は通貨高を招き、低金利は通貨安を招きます。ただし、もっとも重要なことは現時点の金利差ではなく将来の金利差の変動を為替が織り込む傾向が強いです。まぁ、予測できない前提なんでどうでも良いですが。

例えば、アメリカの利上げ期待により金利差の拡大を折り込みながらドル高へ進行した場合、円建での評価額は増加しますが、高金利となった通貨は株式資産価値の毀損させます。暴落の始まりですけどね。一方で利下げ期待が台頭した場合はドル安が進行し、円建での評価額が減少しますが、金利が低くお金がリスクを求めて株式資産へ向かうので株価が上昇します。

 

要因③投機的な資金による為替変動

これは想像するだけ時間の無駄です。相場は魑魅魍魎が跳梁跋扈する恐ろしい世界です。

 

他にも色々あるんでしょうが、様々な要因で為替変動は起きます。基本的に通貨が安くなれば資産価値が上昇し、通貨が高くなれば資産価格は下落するのです。なので長期的な外国為替変動は外国株式の変動をマイルドにする方向へ働きます。但し、円が高くなり続ける事態があれば気を付けねばなりません。

 

スポンサーリンク

私の対応

為替リスクが株式資産にかかる場合、2国間の相対的な通貨価値と資産価値の関係から為替リスクそのものは株式変動リスクを緩和する方向に働くと考えられるので、為替リスクに対する対応は必要ないと思料します。

もし、それでもドルが高すぎると思ったらゴールドか金鉱株を買います。通貨代表のドルが強すぎる時はきっとゴールドは安すぎることになっているはずです。

 

 

金鉱株投資において知るべきことは2つだけ。
大規模金融緩和の出口政策は金鉱株へどのような影響を与えるのでしょうか。金鉱株の天井はまだまだずーっと先にあるはずです。金鉱株投資に興味を持つ前に最低2つのことだけは確認しておいて下さい。

 

では、また。

コメント