【1362の紹介】iシェアーズ 新興国債券ETF(Local EM国債コア)

国債ETF

信託契約変更手続に関する重要なお知らせ
当ETF(JDR)は、上場廃止に向けて、信託の終了にかかる信託契約の変更のための異議申立手続(2017年12月19日まで)の対象となっています。当該変更が2017年10月12日現在の受益者により承認された場合、2018年1月22日(予定)を上場廃止日、2018年1月24日(予定)を信託終了日として、信託の終了を行なうこととなります。 詳細につきましては、こちらよりお知らせをご確認ください。

 

JDR Announcement

—————————————————————–

どーも、のぶです。

 

今日は新興国債券にまるっと投資できる「is新興国債券ETF」を紹介致します。

 

素人投資の基本は長期・積立・分散投資です。
新興国の債券が欲しい、そんな時にポートフォリオの一部に加えたら如何でしょうか?
国内ETFの為、買い付け手数料も安く気軽に購入することができます。

 

このETFのポイントは新興国の自国通貨建てであることです。新興国の国債のリスクと新興国通貨のリスクの両方を背負うことになります。ですが、どこの通貨も通貨のリスクが結局存在します。つまり、分散の観点でみればこのETFは良い選択肢に入ると思います。ただし、所詮債券であり、ボロ債券なのでコア資産とせずにみんなが売りたい時にちょっとづつ買う程度が良い付き合いになると思いますよ。

 

もし、新興国の為替リスクを背負いたくない場合は、米ドル建ての新興国債券ETFである「EMB」があります。

 

スポンサーリンク

1362-iシェアーズ 新興国債券ETF(Local EM国債コア)の概要

コード:1362

名前:iシェアーズ 新興国債券ETF(Local EM国債コア)

経費率:0.5%

利回り:6.2%

実効デュレーション:5.22

ファンド籍:アイルランド

 

このETFはJDRなので他の海外ETFに同じものがあります。資産高は十分にあるのでその点は安心できます。そして、アイルランド籍なので税金はとても優しいです。一方で経費率は高めですが、新興国債券の現地通貨建てに投資するにはこのぐらいの経費がかかってしまうようですね。

 

利回りは当然高めです。通貨の金利も高いですからね。ですがもし、新興国債券の為替ヘッジを考えている方がいるならばお勧め致しません。なぜならば、金利の高い新興国通貨を売って金利の安い円を買うことで為替をヘッジすればコストはとても高くなるからです。新興国債券で保有している分だけ同じ金額の新興国通貨を売れば、その間の新興国通貨の金利は全部ヘッジコストになってしまいます。そんなコストを払い続けるならば他に良い投資先はいくらでもあるはずです。

 

実効デュレーションは利回りの割に低めです。まぁ、金利だけでなく為替の影響も大きい為、あまり参考にはなりませんけどね。

 

 

スポンサーリンク

1362-iシェアーズ 新興国債券ETF(Local EM国債コア)の資産構成

 

いろんな国がありますな。
資産構成とウェートについてはETFにより様々あります。このETFは比較的、分散性は低い方です。ETFとはいえ現地通貨建ての債券をあっちこっち持つのは大変だと思いますけどねw

 

スポンサーリンク

1362-iシェアーズ 新興国債券ETF(Local EM国債コア)のパフォーマンス

ご覧の通り、ジェットコースターのヨコヨコです。決してコア資産にはできませんが、値動きの異なる資産の分散には良いかもしれません。

スポンサーリンク

さいごに

今回は新興国債券の現地通貨建てETFを紹介いたしました。グローバル企業への投資だけでは分散が足りないと考えている方にはぴったりだと思います。

一方で新興国債券の投資が必要かどうかは議論の対象となります。新興国債券投資は有効な分散投資なのかは誰にもわかりません。これが有効な分散かどうかは30年後にならないとわからないのです。

なお、私見ですが私は不要の立場です。私は素人投資家な為、市場平均の成長で十分であると考えているからです。であればわざわざ、大げさな分散は必要ないのです。

 

では、また。

 

コメント

  1. とう より:

    1566はいかがでしょうか?

    • のぶ@素人投資家 素人投資家-のぶ より:

      1566も良いETFですよね。しかし、ETFの指標が少ないことが唯一のデメリットです。ETFの選択よりも新興国債券をどの程度ポートフォリオに組み込むのかが重要だと思料致します。