スポンサーリンク

1566-上場新興国債インデックスETFの紹介

SHARE

どーも、のぶです。

リクエストを頂きましたので今日は国内ETF/1566-上場新興国債インデックスETFのご紹介を致します。今までは国内運用会社のETFを避けてたんですよね。重要な情報が入手できないので内容がはっきり掴めないのです。

この国内ETFも様々な情報が不足している為、一般的なお話しかできないことをご了承下さい。もう少し、運用会社にも情報開示の姿勢を持って欲しいですね。



上場新興国債インデックスETFの概要

コード:1566

名前:上場新興国債インデックス

利回り:5.94%(2017/5/19時点)

信託報酬:0.45%

その他費用:0.1%+株貸料の50%

運用会社:日興アセット・マネジメント

このインデックスは新興市場国債(自国通貨建て)の総合投資収益を時価総額比率で加重平均した指数です。時価総額加重でウェート付けを行っていますが、新興国のカントリーリスクと新興国の為替リスクをダブルで持っている為、債券クラスの割には非常に上下の幅が大きいです。

上場新興国債インデックスETFのパフォーマンス

まずは株価チャートです。配当は含みません。

株価はまだ、実績少ないので5年程度です。右肩あがりの力強いチャートとは少し違いますね。ですが、債券クラスにはそこまで求めてはいけません。分配金に関しては安定して奇数月に500円/1株ぐらい吐き出しているようです。ETFなので投資元本での払い戻しはありません。その点は安心ですね。

では、続いて分配金込みです。

配当込みだとやはり印象は変わりますね。株価では割れてしまった底も配当込みで考えれば4年間で20%上昇していたようですね。意外とコシが強いかもですね。

さいごに

今回は国内運用会社のETFを紹介させて頂きましたが、他の商品と比較するための指標が非常に少ないですね。ですが、一般的な投資信託よりも経費率で安いだろうとは思います。

新興国債券はもはやどのETFや投資信託を選ぶというよりもどのくらい購入するかを考えることがより重要だと思います。なぜならば、新興国債券クラスはリスクが高いのに右肩上がりのインデックスではないからです。

一例ですがこれはifree新興国債券インデックスの月報です。基準価額もベンチマークも配当込みですが1年も経たないうちにベンチマークに対してファンドが1%の下方乖離を起こしていますね。なお、信託報酬は0.2376%です。

ETFはポートフォリオの維持を外部業者が裁定取引で行うので安心です。

ETFの圧倒的コスト競争力の秘密
なぜETFは投資信託と比べ圧倒的なコスト競争力があるのでしょうか?実はETFと投資信託はまったく違う金融商品なんです。何故ETFにコストが発生しないのか、ETFの組成から説明させて頂きます。
高配当利回りってどういうこと?
高利回り、甘い響きですね。思わず引き寄せられてしまいそうです。ですが、利回りが高ければ何かのリスクが高くなっていることは間違いありません。どこにリスクがあるかちゃんと押さえて投資しましょう。

では、また。

ちなみに、アイルランド籍で税金がお得なETFもあります。

1362-iシェアーズ 新興国債券ETF(Local EM国債コア)の紹介
信託契約変更手続に関する重要なお知らせ 当ETF(JDR)は、上場廃止に向けて、信託の終了にかかる信託契約の変更のための異議申立手続(2017年12月19日まで)の対象となって...

SHARE

FOLLOW ME



スポンサーリンク

『1566-上場新興国債インデックスETFの紹介』へのコメント

  1. 名前:債券 投稿日:2017/07/27(木) 08:34:02 ID:8492489cf 返信

    配当金生活がしたいのなら、この1566だけで十分と思える私が居ます。
    ・・・まぁ新興国債券に集中投資は怖いですがw

    • 名前:素人投資家-のぶ 投稿日:2017/07/27(木) 12:54:40 ID:35fef8ba3 返信

      ここ数年は安定してますね。最近は通貨危機はもう無いみたいなことも聞いたことありますが、新興国だからこそ脆弱性があって怖いんですよね。配当金生活であれば事足りるかもしれませんが、生活の礎が新興国債券だと考えると不安になりますw