【1577の紹介】野村日本株高配当70ETFは高配当株への当金額投資!

etf 1577 野村日本株高配当70 高配当株式ETF

日本株を対象とした高配当ETFを紹介いたします。

「1577」(日本株高配当70ETF)は等金額型加重のETFです。

投資家の期待に比例した時価総額加重ではなく、個々の高配当株に等しく投資することが出来ることが大きな特徴ですね。

スポンサーリンク

【1577】野村日本株高配当70ETFの概要

コード    1577

名前     日本株高配当株70指数連動型上場投信

利回り    2.81%(引用 野村証券 2018/1/4)

構成銘柄数  70

経費率    0.32%

純資産総額  84,000百万円

ベンチマーク 野村日本株高配当70

運用会社   野村アセットマネジメント

 

野村日本株高配当70とは

採用銘柄について

  • 今期予想配当利回りが高い日本株70銘柄に集中投資する。
  • 配当継続性に考慮して、過去3年間に経常利益がマイナスとなったことのある銘柄は組み入れ対象から除外する。
  • 予想配当を定期的にモニタリングし、予想配当がゼロとなった構成銘柄は期中に除外して今期予想配当利回りが高い銘柄で補完する。
  • 浮動株ベース時価総額や日次平均売買代金が小さい銘柄を組み入れ対象から除外する。

 

構成比率について

構成は全て等金額の為、1銘柄に対して約1.4%となります。

時価総額加重でもなく、配当加重でもなく採用されれば全て等金額です。

面白いですね。これは本当の意味で分散が効いていると思います。

ピンキリで同じ金額ですからね。

分散好きには良い商品なのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

【1577】野村日本株高配当70ETFの過去のパフォーマンスについて

インデックスパフォーマンスについて

 

野村日本株高配当70にインデックスパフォーマンス

ご覧の通り、TOPIXは軽々と凌駕していますね。

日本株においても高配当戦略の有効性が示されています。

【1577の分配金】野村日本株高配当70ETFの株価・分配金・増配率の推移
【1577】野村日本高配当株70ETFの株価・分配金・増配率を記載しています。1577は日本高配当株に対して広く分散して投資することが出来ます。その分配金や増配率はどのような推移なのか確認してみましょう。

インデックスのリスク・リターンについて

 

野村日本株高配当70のインデックスリスク・リターン

引用:野村證券 金融工学研究センター

リスク・リターンにおいても、TOPIXと比べてリスクが低く、リターンが高い結果となっております。リスク・リターンのバランスが際立って良いですね。

 

スポンサーリンク

【1577】高配当日本株ETF(日本株高配当70ETF)の所感

等金額加重は採用された銘柄に等しく分散することで投資家から過度に期待された銘柄に多く投資することを防ぐことができます。

日本の高配当株においても偏った期待をせずに分散投資することができるETFとして期待できますね。

特に【1577】は配当継続性にも配慮して継続的な配当収入をパッシブ運用で得られるようにデザインされていることも魅力の一つです。

 

高配当戦略について
素人投資家×高配当戦略×ETFの組み合わせはおそらく私にとってベストです。最適解を追うことは出来ませんが、高配当戦略の特長を最大限に活かした運用の鍵がETFにありました。不労所得の源泉は配当株に決まりです。
ETFって何?
ETFって何?投資信託と比べたその優位性について記述しました。どちらも一長一短ですが、購入する金融商品の特徴は把握しておきましょう。実は、ETF内の2つの税金はかからないのです。知ってましたか?
【1478・1489・1577の比較】バラエティに富んだ日本株高配当ETF
実は日本株の高配当ETFって多品種揃っているんです。今回比較する3つのETFは全部採用比率の計算方法が違いました。高配当戦略はマイナーな投資方法ですけど誰でもできる簡単な投資です。ETFを用いることで誰でも負担を少なく実施することができるようになりました。是非、ご検討ください。

コメント