スポンサーリンク

【1656】iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETFの紹介

シェアはどのボタンにする?

どーも、のぶです。

【1656】iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETFは「シティ米国債7-10年セレクト・インデックス」に手軽に投資できるETFです。長期金利といえば米国債10年を指すのですが、このETFに投資することでその長期金利よりちょっと短いくらいの鮮度を保ったエクスポージャーを得られます。

債券ETFのメリットの一つはこのインデックスとしての特徴を保有期間ずっと保持できることです。ただ、市場で売買する為、元本が毀損する可能性があることはデメリットです。

どんなリスクがあるかは後述しますね。



【1656】iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETFの概要

コード:1656

名前:iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETF

インデックス:シティ米国債7-10年セレクト・インデックス(国内投信用 円ベース)

デュレーション:7.56

信託報酬:0.14%以内(ETF内に保有するETFの経費も含む)

商標使用料及びその他:0.0375%+貸株料の半分+その他

分配頻度:年4回(1月11日、4月11日、7月11日、10月11日)

 

これ一本でもっともポピュラーな米国債7-10年に投資出来てしまいます。

 

シティ米国債7-10年セレクト・インデックス(国内投信用 円ベース)とは

債券投資において重要なことはどれだけその債券投資においてリスクを取りに行くのか?ということです。株式の場合は、長期的な利益ははっきりわかりませんが、債券に関して言えば、将来の金利収入がはっきりと計算できます。

そんな債券投資のリスクとなるのは2つです。

  • 信用リスク
  • 金利リスク

これらのリスクが大きくなるほど債券ETF価格は債券とは思えない勢いでビュンビュン動きます。

今回のシティ米国債7-10年セレクト・インデックス(国内投信用 円ベース)はこのうち信用リスクは極力排して、金利リスクは真ん中ぐらいを目指しています。

このインデックスは米国債(安心・安全)の長期金利(みんなの指標)に近い利回りを得ることができますからね。

  • 信用リスクが高く、金利リスクが低いのがハイイールド債券ETFのHYG。
  • 信用リスクが低く、金利リスクが高いのが超長期米国債ETFのEDV。

利回りを得るには それなりのリスクが必要だってことです。

ハイイールド社債ETF-HYG(行き詰ったお金が集まるリーサルウェポン!)
HYGはハイイールド社債にまるっと投資できるETFです。なんと言っても利回りの高さが特徴です。ですが、ただの高利回り債券とは異なる特徴を持っていることはご存知でしょうか?
超長期米国債ETF-EDVの紹介
超長期米国債にまるっと投資できるETFです。債券としてのリスクは小さくなく、通常の株式と同等の値動きの激しさがあります。ですが、債券としてのより大きな特徴を発揮することが期待できます。これまでの値動きで確認してみましょう。

【1656】iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETFの金利リスク

発行元リスクを極力排して、金利リスクが中程度とはどんな感じなんでしょうか。その指標はデュレーションで表されています。

デュレーション:7.56

概算ですが、長期金利が1%上昇することで債券価格が7.56%下落することを示しています。

米国長期金利の10年チャートを貼ります。

米国長期金利10年チャート

この10年間の間、金利は1.5%~4.0%で推移していますね。2.5%×7.56=約19%がざっくりドル建ての値動きレンジです。まぁ、これはドル建ての計算なのでさらに為替の変動リスクの年率10%も考慮しないといけないですけどね。

そんな時はヘッジ付きの検討もありかもしれません。

米国債7〜10年ETFの比較(IEF,1656,1482)
米国債7-10年ETFを3つ紹介させて頂きます。同じ資産クラスでも豊富な手段があります。特にヘッジ付きについては非常に便利ですが、そのコストは自覚できていますか?

シティ米国債7-10年セレクト・インデックス(国内投信用 円ベース)のパフォーマンス

異なるインデックスですが近いインデックスがあったのでその円建てパフォーマンスを紹介します。

ICE米国国債7-10年指数のパフォーマンスです。

米国債7-10年長期チャート

良い感じですね。金利がずーっと下がってたことがわかります。今後どうなるのかが問題ですね。ですが、金融緩和後の世界で利上げが実施できているのは米国だけです。信用力の高い債券を発行しているマーケットこそが、債券投資の妙味があるはずです。

債券投資の本懐
債券投資の基本をまとめました。債券価格の変動要因はご存知ですか?ゴールドとの違いはご存知ですか?債券投資をする際の基本的知識を確認しましょう。

【1656】iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETFの所感

購入単位も安く、手軽にぽちぽちとラーメンでも食べながらスマホで米国債が買える時代です。債券投資不要論は多く、金利も低位安定していますがインフレが近いようで遠い今の時代は大事な資産クラスになるはずです。

とりあえずの債券投資には【1656】iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETFのように発行元リスクが低く、金利リスクが中程度のものが入り口としてもピッタリかもしれませんね。もちろん、7-10年債券なので十分に長期的な投資対象としても有望だと思います。

では、また。

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク