スポンサーリンク

iシェアーズ 好配当株式 ETF-DVY(全米から高配当株をかき集めた強欲ETF!!)

シェアはどのボタンにする?

どーも、のぶです。

配当の持続可能性を考慮した米国高配当ETFを紹介します。そんなことまで配慮してくれるので素人投資家にぴったりなスマートベータETFです。なんせ、こっちで銘柄選択して投資を継続すべきかどうかを考えなくて済みます。これって地味に凄いメリットなんですよ。何も考えずにいつでも再投資すれば良いですからね。

素人投資家戦略
長期・分散・積立を堅実に実行することが素人投資家の必勝法です。ですが、短期的な目標を諦めることと、長期運用で時間をかけることは本当に難しいことです。素人投資でおすすめできる投資戦略は3つです。
高配当戦略について
素人投資家×高配当戦略×ETFの組み合わせはおそらく私にとってベストです。最適解を追うことは出来ませんが、高配当戦略の特長を最大限に活かした運用の鍵がETFにありました。不労所得の源泉は配当株に決まりです。



ティッカー    DVY

名前                    iShares Select Dividend

利回り     3.14%

経費率(net)   0.39%

ベンチマーク  ダウ・ジョーンズ U.S.セレクト・ディビデンド・インデックス

ウェート    配当加重型

配当加重型の為、経費率は高めですね。配当貴族ETFと同水準です。

時価総額加重型ETFと配当加重型ETFの採用比率と経費率について
ETFの経費率は採用銘柄のウェート付けの方式で大きく変わります。時価総額加重型ETFと配当加重型ETFがなぜ経費率に差が出るかご存知ですか?

ダウ・ジョーンズ U.S.セレクト・ディビデンド・インデックスの指数構築メソドロジー

  • 対象銘柄はREITを除く配当の支払いがある小中大型株式
  • 過去5年間のDPS(1株あたり配当金)成長率がマイナスになっていない
  • 配当性向が60%以下
  • 1年間EPS(1株あたり純利益)がマイナスになっていない
  • 時価総額が10億ドル以上
  • 3ヶ月平均出来高が20万株以上
  • 利回り上位100社から構成する

配当性向が100%近くで稼ぎの殆どを還元してくれる高配当株式ではなく、収益も配当も成長する企業だから好配当なんですね。配当余地を残すことで配当成長に期待をすることができます。

DVYの特徴

DVYの特徴は非常に魅力です。

収益・配当成長が順調で、配当余力も十分に有る全米株式の内、配当利回りが高い銘柄で構成されます。100社と多すぎない銘柄数の為、指数であったとしても十分に上記特徴を備えているはずです。また、配当加重方式である為、会社の規模ではなく配当を支払う能力の大きさで採用比率を決めます。

株価が下落しても配当支払いの変化がなければ採用比率は変化しない為、採用比率を下回っていれば年に一度のリバランス時に買い増します。逆に株価が上昇し利回りが低下すれば指数から除外するか、もしくは採用比率に合わせ一部を売却します。

DVYの他ブロガーの評価

米国株ブログを徘徊していても経費率が高いことを理由に敬遠されている方も多いですね。また、リーマン・ショック時には当時高配当株だった金融株をDVYが多く銘柄採用していたことから、当時の成績は散々なものでした。高配当ETFとしての特徴を生かすことができなかったのです。

このETFに金融株が多く採用されてしまったのは時の運です。今後は何が地雷になるかはわかりません。銀行不安があればもちろん金融セクターが危険ですけどね。

リーマンショックの直前から10年間のパフォーマンスは大したことありませんね。
高配当株ETFなので好況時にアンダーパフォームするのは仕方ありませんね。

高配当株式の本領は長期投資です。上記17年間のパフォーマンスは米国高配当株式がトータルリターンで圧倒しています。この米国高配当株式がDVYです。

長期投資でこそインカムゲイン投資の本領が発揮されます。

DVYは小型・中型株式も含めた配当成長が見込めるETFです。高配当ETFは時価総額の大きな銘柄の比率が高くなりがちです。しかし、このDVYをポートフォリオの一部に加えることで時価総額はそれほどですが、配当成長を見込むことができる銘柄の採用ができます。

インカムゲイン重視の長期投資にぴったりのETFです。私は強くお勧めできます。

では、また。

DVYの日本株版は1478だと思います。こちらもどうぞ。

高配当日本株ETF-1478( iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF)
ブラックロックが供給する日本株高配当ETFです。配当の質までスクリーニングがかかるスマートベータETFです。少ない分散銘柄数で極力リスクを考慮した投資が行えます。財務分析が苦手な素人投資家に丁度良いETFです。