【HDVの紹介】米国高配当ETFは高利回りな特濃バリューETF

HDV 高配当株式ETF

高配当戦略にピッタリな高配当ETFがあります。また、素人投資家戦略にもピッタリなのも高配当ETFでした。今回はそのうちの一つであるETFのHDVを紹介致します。

HDVを保有することで競争力が高くデフォルト懸念が低い高配当銘柄か、もしくは、デフォルト懸念がとても低い高配当企業へ投資することができます。本来は持続的な競争力があるが一時的に株価が下がり高利回りとなっている企業に投資することが出来ます。

だから、特濃バリューETFとも言えますね。

高配当ETF-HDVの概要

ティッカー  HDV

名前     iShares Core High Dividend

ベンチマーク モーニングスター配当フォーカス指数

HDVの基本情報

HDVの直近パフォーマンス

finviz dynamic chart for  hdv

HDV-米国高配当ETFの上位保有銘柄

HDV 上位保有銘柄
HDVの保有銘柄

モーニングスター配当フォーカス指数とは

モーニングスター配当フォーカス指数は、米国株式市場の発行株式時価総額97%をカバーするモーニングスター米国株式指数の構成銘柄から、財務の健全性が高く、同時に、持続的に平均以上の配当を支払うことができる、75銘柄の安定企業から構成されています。ウェイトについては配当を支払うことを可能とする資金余力から構成比を決定します。

構成銘柄の採用基準

  1. 配当は優遇税制適格インカムとみなされるものに限定します。つまりREITは含みません。
  2. モーニングスター・エコノミック・モート評価を受けており、且つ、モーニングスター・デフォルト懸念スコアの上位50%以内に入っている企業。
  3. 又はデフォルト懸念スコアが上位30%以内に入る企業となります。

上記の2つの基準を満たす配当利回り上位75銘柄がモーニングスター配当指数の構成銘柄となります。

エコノミックモートとは企業のビジネス構造、独自性などを城塞のモート(濠)の幅に例えて、企業の持続的な競争力の評価を示します。つまり、HDVの構成銘柄は競争力が高くデフォルト懸念が低い高配当銘柄か、もしくは、デフォルト懸念がとても低い高配当企業で構成されています。

構成銘柄のウェイト付け

本指数は、配当利回りを最大化することを目的として、企業規模とともに資金余力(配当力)に着目しております。構成銘柄数は75ですので個別銘柄数としては十分な銘柄数です。銘柄数が多すぎれば競争力や配当余力に着目する意味が薄れてしまいますからね。なお、1銘柄当たりの構成率上限は10%とし、構成比率5%を占める銘柄が全体の50%を超過しないこととします。

構成比率のリバランスと見直しについて

HDVは指数構成銘柄に従い四半期毎にリバランスを実施します。HDVは回転比率が高いですが、ETFの特性としてETF内でのキャプタルゲイン税が発生しない為、回転率に伴うロスは無いと考えています。

高配当ETF-HDVから得られるエクスポージャー

HDVの構成銘柄はエコノミックモートを有している、もしくは破綻懸念が少ないにも関わらず、高配当利回りとなっている企業です。きっと何らかの事情を抱えて人気が離散してしまっていることから高配当化していることが考えられます。しかも、四半期ごとに新鮮な不人気銘柄を取り入れているので、このETFは強力な特濃バリューファクターを有していることになります。

HDVを保有することで大型優良株の内、人気が無く割安に放置されてしまった銘柄群へまるっと投資することができるバリューETFと言えるでしょう。

人気がないセクターは時代により変わります。原油セクターだったり、金融セクターだったり、経済状況によっても変わるでしょう。そんなことも気にせずその時代の不人気な銘柄に投資することがこのHDVに投資する本懐となります。

高配当ETF-HDVに関する所感

素人投資家が高配当戦略で挑むのであれば絶対に外せないETFになると思います。1万円ぐらいからの少額からも投資することが出来て、程良い分散も出来ていて、競争力のある企業に投資が出来て、デフォルト懸念が少ない企業に投資出来て、文句はありませんね。ですが、個別銘柄で最適解を追うような楽しさはありませんね、あくまで資産運用のツールとして優れていると思います。

このETFは高配当銘柄の特徴が特に強く、バリュー色が非常に濃いです。グロース株が相場をけん引するような株高局面では置いてけぼり感があると思います。しかし、超大型優良株の割安高配当銘柄ばかりに長期投資することは決して悪くない選択肢となるはずです。

コメント