【IJH・IVOOの紹介】米国中型株 S&P400 ETF

中小型株ETF

どーも、のぶです。 

 

米国中型株式指数 S&P400に連動するETFである、IJHとIVOOを紹介致します。

 

S&Pサイズキャップシリーズのmid cap(中型株)版がS&P400です。 他にlearge cap(大型株)版のS&P500とかsmall cap(小型株)版のS&P600があります。これらの指数はサイズキャップで仕分けされたグループになります。

 

中小型株投資は長期間の運用において、優良なパフォーマンスを示してきたことは様々なデータから示されています。期待が大きすぎる大型株に比べ、中小型株は投資家の期待を上回りやすいのかもしれません。中小型株投資の個別株で成功すれば資産が数倍~数十倍の抜群の成功を得ることが出来るかもしれませんが、私にはきっと無理です。個別株ではなくても中小型株式投資はインデックス投資でもそこそこなパフォーマンスでした。今回紹介するIJHとIVOOもきっと今後の長期的なパフォーマンスで素晴らしい結果を残してくれるでしょう。

 

インデックス投資における中小型株投資の魅力
中小型株投資の魅力を紹介します。個別株式投資は怖くて出来ない。でもインデックス投資なら出来る!落ちるナイフを掴みに行くだけ!リーマンショックを乗り越えたインデックス投資ならきっと大丈夫。

 

  

スポンサーリンク

米国中型株 S&P400の概要

ティッカーIJHIVOO
名前iシェアーズ・コア S&P 中型株 ETFバンガード®・S&Pミッドキャップ400 ETF
ベンチマークS&P中型株400インデックス
運用会社ブラックロックバンガード
総経費率0.07%0.15%
資産額($)39.62B1.88B

 

ブラックロックのETFがより優良であることがわかります。
ブラックロックの設定が2000年に対してバンガードの設定が2010年だったことが大きな差であることが推察できます。

 

S&P中型株400インデックスについて

S&P中型株400インデックスは米国中型株のパフォーマンスに連動することを目指しており、米国株式の時価総額の7%以上を占めています。

中型株インデックスは典型的な企業のライフサイクルにおいて、小企業に特有な課題(初期資本の調達や、初期段階の成長管理など)をうまく乗り越えた企業へのエクスポージャーを提供します。同時に、中型株は非常にダイナミックであり、それほど規模も大きくない為、継続的な成長が見込めます。 

 

指数のメソドロジー

  • 米国株の内、時価総額が12億$〜51億$の企業
  • 発行済株式の50%以上が浮動株
  • 連続4四半期にわたり公表ベースが黒字利益であること
  • 十分な流動性と妥当な株価
  • セクターバランスを維持し、適確企業群と同様のバランスを目指す
  • 時価総額加重
  • リバランスは四半期毎

 

インデックスのパフォーマンス

S&P400もS&P500を軽く上回っています。

リーマンショック以前から見ても素晴らしいパフォーマンスでした。今後の金融危機も乗り越えることができそうですね。

 

ETFのパフォーマンス

IJHのパフォーマンス

 

VIOOのパフォーマンス

 

トータルリターンではほぼ一致ですね。

インデックスの競合について

中型株のインデックスは意外と少ないです。なので、競合はあくまで小型株指数になるかと思います。中型株と小型株の違いをあえて言えば、中型株は小型株よりも値動きがまったりしていることかもしれませんね。

わずかな期間でどれも半値になるとしたら、、、小型株のほうが面白いかもしれないですね。もちろん、よりスリリングですけど。

【IJR・VIOOの紹介】米国小型株 S&P600指数 ETF
米国小型株式指数であるS&P600に投資することができるIJRとVIOOを紹介いたします。個別株では怖いけど、インデックス投資であればまるっと投資できます。非常に使いやすいですね。

 

 

ですが、IJHの資産残高は39.62B$

             IJRの資産残高は31.35B$

          VYMの資産残高は25.93B$です。

この中でIJHが最も資産残高が大きいポピュラーな投資先なのは参考になることだと思います。ちなみにIVVは121.91B$なので桁違いですけどね。

 

スポンサーリンク

S&P400 米国中型株ETF-IJH,IVOOの所感

中型株式指数はインデックスのパフォーマンスも優れており、IJHやIVOOの中型株式指数に連動するETFも非常に利用しやすい投資対象です。サイズキャップ毎のエクスポージャーを調整したい需要がどれほどあるかは正直わかりませんが、米国株ETFに投資する際にS&P500に連動するVOOか、全米株式に連動するVTIに投資するかを悩んだ経験は少なからずあると思います。S&P400やS&P600に連動するETFはVOOと別に中小型株式への投資手段を提供していることを知っていて損は無いと思いますよ。

 

勿論、VTIは米国大中小型株式に投資する全米株式の為、中小型株式の保有はありますが、VTIから更に中小型株式の比率を上げる際にもS&P400やS&P600に連動するETFは利用できると思います。

 

【VTIの紹介】全米株式ETF(これが最もベーシックな投資対象!)
バンガードが供給するETFの残高を見ることで何のETFが最もベーシックな投資対象なのかがわかります。VTIは山有り谷有りですが、それでも投資し続けることが正しいことということを学ばなければいけません。
【SPY・IVV・VOOの紹介】米国大型株式S&P500ETFはメジャーベンチマーク。他の株式指数は所詮マイナー。
何に投資して良いのかわからない。では世界でスタンダードな株式指標は何でしょうか?それがSP500なのです。「SPY」「IVV」「VOO」こそ世界で最も注目されている指数に連動します。

 

 

では、また。

コメント