【LEMBの紹介】iシェアーズ J.P.モルガン 現地通貨建てエマージング・マーケット債券 ETF

LEMB ETF 新興国債券ETF

LEMBに投資することで新興国の現地通貨建ての債券に投資することが出来ます。LEMBは最もオーソドックスなインデックスで、1カ国あたりの採用比率を15%までと制限した運用が可能です。

採用銘柄は世界銀行が2年連続で低/中所得国に分類された国が対象です。誰からも人気がある投資対象だけではないより分散した債券投資を行えます。

LEMBで投資できる債券はざっくり言えば、ハイイールド社債よりもリスクが高く、ドル建て債券よりもリスクが高く、新興国株式よりもリスクが低いです。

まぁ、ざっくり感覚ですけどね。

スポンサーリンク

【LEMB】iシェアーズ J.P.モルガン 現地通貨建てエマージング・マーケット債券 ETFの概要

ティッカー  LEMB

名前     iシェアーズ J.P.モルガン 現地通貨建て
                        エマージング・マーケット債券 ETF

ベンチマーク JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ(GBI-EM)グローバル・ディバーシファイド、キャップ15%フロア4.5%

LEMBの概要

債券の中でも高いリスクを持つLEMBはさすがに利回りが高いですね。ですが、それだけ価格の値動きも大きいことを忘れないでください。

また、現地通貨建て債券は近年こそ新興国の好調を背景に市場規模が拡大してきました。ですが、リスクの高い投資が敬遠される場合には人気が離散することもあるでしょう。新興国のファンダメンタル以上に価格変動が需給に左右される可能性があることは注意が必要です。

【LEMB】iシェアーズ J.P.モルガン 現地通貨建てエマージング・マーケット債券 ETFの直近株価推移

finviz dynamic chart for  LEMB

【LEMB】iシェアーズ J.P.モルガン 現地通貨建てエマージング・マーケット債券 ETFのパフォーマンス

LEMBのパフォーマンス

【LEMB】iシェアーズ J.P.モルガン 現地通貨建てエマージング・マーケット債券 ETFが保有する債券の上位保有発行体

LEMBの上位保有発行体

スポンサーリンク

【LEMB】iシェアーズ J.P.モルガン 現地通貨建てエマージング・マーケット債券 ETFの所感

現地通貨建て債券の最大の特徴は債券価格が直接的に米国長期金利の影響を受けないことです。現地通貨建てですからね。長期金利よりもドルに対する為替変動が価格変動の直接的要因になり、インフレを伴う新興国の経済成長であれば、新興国通貨は減価し続けます。その分、現地通貨建て債券のリスクは投資家が受け持つ為、リスクが高く、他債券に比べて利回りが高くなります。新興国通貨のリスクが高い分配金を実現していると言えるでしょう。

LEMBの最大の投資機会はドルが高く、新興国通貨が安い時です。価格変動が大きいリスクの高い商品はいつでも買って良いものではありません。最後にCEWという通貨ETFの値動きを貼っておきます。これは広範囲な新興国通貨の米ドルに対する価格変動に連動しています。為替変動分の値動きがこれでわかります。

finviz dynamic chart for  CEW

 

【EMBの紹介】iシェアーズ J.P.モルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券 ETF
EMBに投資することで新興国のドル建て債券に投資することができます。新興国債券の利回りの高さとはなんなんでしょうか?

コメント