【SPLGの紹介】SPDRポートフォリオ米国大型株式ETF

単一国株式ETF

SPLGはアセットマネージャーとして世界第3位のステートストリートグローバルアドバイザー(SSGA)が運用する米国大型株式のエクスポージャーが得られる低コストなETFです。SPLGはポートフォリオの名を冠するSSGAの主要なETFの一つとして内容を確認してみましょう。

スポンサーリンク

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの概要

ティッカー    SPLG

名前       SPDR®ポートフォリオ米国大型株式指数

インデックス名  SSGA ラージキャップ指数

経費率      0.03%

 

現時点(2018/7/13)で最安の超低コストなコアETFを提供しています。なお、インデックスは2017年11月にラッセル1000から変更されたので、今後のパフォーマンスに要注目ですね。

SSGA ラージキャップ指数の構築メソドロジー

  • 米国上場株式の内(REIT含む)、最低価格が1$以上1万$未満
  • 時価総額が1億$以上
  • 浮動株比率が25%以上
  • 浮動株時価総額に対する取引金額が10%以上
  • 上記を満たした浮動株時価総額の累計上位90%
  • ウェイトは浮動株時価総額加重
  • リバランスは年に2回

また、インデックス自体も連続性を保つように設計されておりCRSPと同様に効率が良いインデックスです。ラッセル1000はお役御免となったわけですね。

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの直近パフォーマンス

finviz dynamic chart for  SPLG

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFのこれまでのパフォーマンス

インデックスが変更された為、参考になりませんがRUSSELL1000のこれまでのパフォーマンスでお茶を濁しておきます。

russell 1000 トータルリターン

算出スタートは100$ですからね。たまげたもんです。今後しばらくしたらSPLGのデータと差し替えます。

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの構成銘柄

SPLG 保有銘柄

構成銘柄数は800弱です。S&P500に比べると銘柄数も大きく、いわゆる超大型株の比率は若干低く抑えられています。

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの競合ETF

米国大型株式指数といえばS&P500です。SPLGの競合はIVVやVOOやSPYとなります。

【SPY・IVV・VOOの紹介】米国大型株式S&P500ETFはメジャーベンチマーク。他の株式指数は所詮マイナー。
何に投資して良いのかわからない。では世界でスタンダードな株式指標は何でしょうか?それがSP500なのです。「SPY」「IVV」「VOO」こそ世界で最も注目されている指数に連動します。

SPLGのインデックス変更もあった通り、ラッセル1000は最早時代遅れなのかもしれないですね。

スポンサーリンク

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの所感

米国で初めてETFを設定したSSGAは今回SPLGの値下げに踏み切りました。一方で同じSSGAが運用する虎の子のSPY(S&P500)の経費率は0.0945%と同じ米国大型株式のエクスポージャーに対して温度差を感じさせます。きっとSSGAの独自インデックスに対する自信があるのかもしれないですね。

コメント