【SPLGの紹介】SPDRポートフォリオ米国大型株式ETF

SPLG 単一国株式ETF

SPLGはアセットマネージャーとして世界第3位のステートストリートグローバルアドバイザー(SSGA)が運用する米国大型株式のエクスポージャーが得られる低コストなETFです。SPLGはポートフォリオの名を冠するSSGAの主要なETFの一つとして内容を確認してみましょう。

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの概要

ティッカー    SPLG

名前       SPDR®ポートフォリオ米国大型株式指数

SPLGの基本情報

現時点(2018/7/13)で最安の超低コストなコアETFを提供しています。なお、インデックスは2017年11月にラッセル1000から変更されたので、今後のパフォーマンスに要注目ですね。

SSGA ラージキャップ指数の構築メソドロジー

  • 米国上場株式の内(REIT含む)、最低価格が1$以上1万$未満
  • 時価総額が1億$以上
  • 浮動株比率が25%以上
  • 浮動株時価総額に対する取引金額が10%以上
  • 上記を満たした浮動株時価総額の累計上位90%
  • ウェイトは浮動株時価総額加重
  • リバランスは年に2回

また、インデックス自体も連続性を保つように設計されておりCRSPと同様に効率が良いインデックスです。ラッセル1000はお役御免となったわけですね。

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの直近パフォーマンス

finviz dynamic chart for  SPLG

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFのこれまでのパフォーマンス

インデックスが変更された為、参考になりませんがRUSSELL1000のこれまでのパフォーマンスでお茶を濁しておきます。なおRUSSELL1000は米国大型株式指数です。

russell 1000 トータルリターン
RUSSELL1000のトータルリターン

算出スタートは100$ですからね。たまげたもんです。今後しばらくしたらSPLGのデータと差し替えます。

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの構成銘柄

SPLGの上位保有銘柄

構成銘柄数は800弱です。S&P500に比べると銘柄数も大きく、いわゆる超大型株の比率は若干低く抑えられています。

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの競合ETF

米国大型株式指数といえばS&P500です。SPLGの競合はIVVやVOOやSPYとなります。

SPLGのインデックス変更もあった通り、ラッセル1000は最早時代遅れなのかもしれないですね。

また、バンガードが運用するVVも似たETFと言えるでしょう。

各株価指数と連動するバンガードETF
各株価指数と連動するバンガードETF

バンガードのCRSPインデックスもSSGAのポートフォリオインデックスと同じように時価総額ベースでカバレッジ比率を定めています。SSGAは大型株式インデックスを上位90%としており、バンガードは85%としているのが違いですね。

全米株式、大型株式、小型株式の基本情報

SPLGはより大きいカバレッジ比率を持っている為、VVよりも銘柄あたりの平均時価総額が小さくなっていますね。

【SPLG】SPDR®ポートフォリオ米国大型株式ETFの所感

米国で初めてETFを設定したSSGAは今回SPLGの値下げに踏み切りました。一方で同じSSGAが運用する虎の子のSPY(S&P500)の経費率は0.0945%と同じ米国大型株式のエクスポージャーに対して温度差を感じさせます。きっとSSGAの独自インデックスに対する自信があるのかもしれないですね。

コメント

  1. kreis1120 より:

    初めまして、SPLGの記事を探していたらたどり着きました。
    あまり、ブログで話題にしている人が居ないのでどんなモノかと思いましたが、投資は自己責任なので、あまり深く考えずに購入してみました。
    どうなることやら。

    • のぶ@素人投資家 のぶ@素人投資家 より:

      はじめまして。
      検索したら今時珍しく個人ブログ系の情報が少ないですね。
      せっかくなので週末までに記事に加筆しようと思います。