【VISの紹介】バンガード・米国資本財・サービス・セクターETF

セクターETF

【VIS】に投資することで米国の資本財・サービス・セクターの大型株、中型株、小型株に投資知ることができます。セクターローテーション戦略において米国資本財・サービスセクターのパーツを担うETFです。

セクターローテーション戦略の目的はセクター間の分散≒補完or強化です。VISに投資することで米国の巨額な消費を支える生産に係る分散投資を行うことができます。

スポンサーリンク

【VIS】バンガード・米国資本財・サービス・セクターETFの概要

ティッカー    VIS

名前       バンガード®・米国資本財・サービス・セクターETF

ベンチマーク   MSCI USインベスタブル・マーケット・資本財・サービス25/50インデックス

経費率      0.1%

利回り                   1.6%

 

このセクターを構成する企業は、資本財の製造・販売、商業サービス・商業用品の提供または運輸サービスの提供のいずれかを事業の中心に据えています。将来の消費・生産の為に使用するる機械装置・設備・原料を供する企業です。

 

 

VISの代表的な保有銘柄

  • General Electric Co.
  • Boeing Co.
  • 3M Co.
  • Honeywell International Inc.
  • Union Pacific Corp.

航空宇宙・防衛・産業機械・鉄道貨物・航空貨物・旅客サービスなどの主に扱う銘柄を含み、コングロマリットもここに入ります。目につくのはGEですね。ちょっと前まではセクター内で8%を占める、時価総額首位の企業でしたが、減配をきっかけに凋落の傾向を強めています。

時価総額首位の業界トップ企業ですら何かが起きるかもしれないということですね。

ゼネラルエレクトリック(GE)の減配で学んだこと | つみたて次郎の貧乏投資日記
シーゲル二郎です。昨日の夜はお祭りがあったようで、ゼネラルエレクトリック(GE)が減配したようです。ゼネラルエレクトリック(以下GE)とは、発明家のエジソン氏が創立した会社です。NYダウにも選ばれている超巨大企業です。NYダウ指数が決められたのは1986年ですが、当初から唯一採用され続けている企業です。(といわれている...

【VIS】バンガード・米国資本財・サービス・セクターETFのパフォーマンス

VYIとVISのリターン

VISのパフォーマンス

生産活動が止まるリセッションにおいてはかなりしんどい下落がありますが、一方で好況時にはそれを補う調子の良さがあります。長期投資を基本としたスタンスが良いと思います。重要なことは調子が良いところに飛びつくことではありません。分散した投資を行うのか、調子が悪い時期に投資することです。

【VIS】バンガード・米国資本財・サービス・セクターETFの経済の季節

資本財・サービスや工業株が得意な季節は「景気が強く、インフレが強く、金利が高い」ことです。直接、消費につながる産業ではなく、将来の生産に備えるため、景気が良く需要も高まるインフレ局面こそが最もリターンの恩恵に与れます。

一方、設備投資計画が次々と凍結されるようなリセッション期間こそが資本財株の最大の投資チャンスとなります。

セクターローテーション戦略と4つの経済の季節
セクターローテーション戦略においては是非、経済の季節とセットで考えましょう。今の季節はいつなのか、次の季節はいつなのか?考えるのをやめて分散するか?
スポンサーリンク

【VIS】バンガード・米国資本財・サービス・セクターETFの所感

景気全体が強くなると、株式投資自体が過熱します。その中で資本財・サービスセクターの好調さはよく目につくと思います。BA・CAT・3Mの躍進は特にめざましいですよね。株式市場が全体が盛り上がる中、取り残されるのは苦痛でしょうが、セクター投資はあくまで分散≒補完or強化を意識して投資したいですね。

コメント