スポンサーリンク

新興国ETF-VWO(成長率はピカイチ、そんな成長市場にまるっと投資!)

SHARE

どーも、のぶです。

新興国の名目GDP成長率を見てみるとこんな感じです。(引用:世界経済のネタ帳)

中国の成長が目を見張りますね。他の新興国も比較しづらいですが確かに成長をしています。これらの成長の果実を得る為に新興国への投資が有効であると多くの投資家が考えています。

これら新興国への投資において最もベターな投資方法はVWOへの投資です。
VWOは経費も安くカバー率も高いです。



VWOの概要

ティッカー    VWO

名前                Vanguard FTSE Emerging Markets ETF

利回り    2.4%

経費率(net)      0.14%

ベンチマーク FTSEエマージング・ マーケッツ・オールキャップ

資産総額          65.48B

意外と資産総額が多いのですね。
新興国の大型・中型・小型を100%カバーするすごいETFです。
この経費率で同様のことを個人が実現するのはまず不可能です。

VWOの実績

かなり派手に動いていますね。
ETFの実績では10年のリターンは2.35%でした。
なお、インデックスの20年のリターンは5.8%です。
そこそこ良いですね。

所感

分散が好きな方には良いETFだと思います。

まぁ、私は買いませんけど。
買うとすればドルを持っていたくない時ぐらいです。

もう一度別の視点で状況を確認してみます。

先進国のGDP推移です。(引用:世界経済のネタ帳)

一応、新興国代表に中国も混ぜときました。
私が投資対象として魅力を感じるのは米国のみです。
安定感がピカイチですね。

では、ドルの強さと新興国株の関係はどんな感じなんでしょうか。
自分でグラフ引いてみました。こんな感じです。

ドルの強さについては今回も簡易的にドル円で代用します。
ドル円だけ右軸です。

GDX(金鉱株ETF)と連動しているように見えます。
動きがまったりしていますけどね。

比べてみるとドルが強い時は相対的に安くなっている新興国株や金鉱株を買うサテライト投資が最適だと思えるのです。ちなみに円だけでドルが強いかどうかの評価はできないので気をつけてくださいね。

さて、今がまさに、3月利上げを実施して為替・金価格・新興国への影響がどのように出るのかの天王山です。この利上げの中でもし新興国株が高値を更新し続けることができればもう一度私も投資スタンスを見直してみようと思いますw

【XSOE】ウィズダムツリー 新興国株ニューエコノミーETFの紹介
XSOEに投資することで新興国全体に投資しつつ、株主のプレッシャーが弱い国有企業を避けた投資を実施できます。市場を網羅したインデックスとXSOEのそのリターンの差はちょっと驚くものがありました。

SHARE

FOLLOW ME



スポンサーリンク