スポンサーリンク

ETFの圧倒的コスト競争力の秘密

SHARE

どーも、のぶです。

ETFは実質コストの面で金融商品としての圧倒的な競争力を持っています。
ETFにはなぜそれ程の競争力があるのか、ETFが運用会社によってどのように運用されているのかに注目して確認しましょう。



まずは投資信託のおさらい

投資信託は信託会社にお金を委託して運用会社に運用を任せるパッケージ商品です。この投資信託の役割期待には小口資金を資本市場に導くことと、その資金を企業へ成長資本として供給することにあります。

投資信託のパッケージのラベルには「インデックスへの連動を目指す」とかひふみのように「TOPIXを上回ることを目指す(参考)」とか様々書かれています。なかには薄っぺらく「割安株投資」とか、とても高尚で理解できないような「プレミアムプラス戦略が云々」とかあります。

いずれにせよ。

投資信託に投資するということは運用会社が顧客から委託されて運用するということです。もちろん、運用会社に有利な税制とか、取引所のルールはありません。ルール上は私達と同じ土俵に立っています。一方で投資信託の最大のメリットは口座からの自動引落で購入できることです。初期設定が終われば一切、手間は発生しません。

コストに関しては運用会社も結局、私たちが自力で運用する時と同様にかかっています。

引用:投資信託協会

投資信託にかかる見えないコストとは?

証券取引所の売買手数料

売買毎に証券取引所の手数料がかかります。大した金額じゃないかもですがコストがかかっているはずです。国内の手数料は大したことなさそうですが、海外株式はどうでしょうね。

為替手数料

外貨建てへの投資であれば発生します。

売却益に発生するキャピタルゲイン税

資金の流出と流入は常に発生しています。もし、売却益が発生すれば税金が発生します。あなたはバイホールドを決め込んでも、隣の人は金策に走っているかもしれません。税金が持って行かれれば資産額はその分減少します。

配当金に発生するインカム税

当然、株式配当金には税金が発生します。

見えるコストは委託した手間賃として払う信託報酬だけ

多くの投資信託は事前に開示しているのはこの信託報酬だけです。その根拠は信託報酬以外のコストは事前にわからないからです。しかし、信託報酬以外のコストは事前に開示できないと目論見書で説明していますが、結局事後にも開示はしていません。ガバガバガバナンスです。

わたしの遠い記憶を辿ると費用実績をどっかの報告書で見たことある気がするのですが、今探してみても代表的なDCのインデックス投信とかひふみにはありませんでした。もしかしたら購入者には開示しているのかもしれません。

つまり、投資信託とは仲の良い友人に運用してもらい、手間賃を渡しているだけなんです。投資信託はとても簡単な仕組みですね。最近のアクティブ投信も親近感を湧かせる内容が多いですしね。

ここまでが投資信託のおさらいです。

ETFとはなにか?

ETFってなに?と聞かれれば、証券取引所で売買出来る投資信託と答えるのが一番わかり易く一般的です。ですが、ETFの本質的な内容について説明する際には実は語弊があります。なぜならば、ETFは私達が市場で売買するものであって運用会社は実は売買をしていないからです。

投資信託はもちろんインデックスに連動していようとファンドマネージャーの指示による株式売買の発注があります。しかし、ETFでは運用会社による売買が無いのです。

これは一体なにを意味するのでしょうか。

ETFの運用会社は何をしているのか?

運用会社は証券取引所を通さずに他社から持ち込まれた現物株とETFを交換しているだけです。又は逆にETFを受取り、現物株を渡したり交換をしているだけです。この現物株とETFは交換している限り本質的に等価です。今、いくら相当を交換したのかではなく、物々交換が成立したので等価なのです。

例えば、運用会社が日経平均と同じ現物株の割合を要求したら、現物株を持ち込んでETFと交換します。この作業を延々と繰り返すことでETFは日経平均と連動するのです。そしてそのETFを市場に持ち込むことで誰でも売買出来るようになります。

ETFとは例えるとなんなのか?

私はプライベートで例え話が下手だと言われますが、今回挑戦してみます。

ETFとはラーメンの食券のことです。

食券はラーメン一杯と等価です。食券とラーメンを物々交換することでラーメンを手に入れることが出来るし、物々交換なので税は発生しません。大抵の食券には有効期限とか金額が書いてありますが、ラーメンの価格が変動することはたまにありますよね。実際に価格改定後に交換できるかは別ですけどね。つまり、私たちはラーメンの食券を証券取引所で売買するだけなんです。

運用会社の交換相手は誰なのでしょうか。

現物株とETFをせっせと交換している彼らは指定参加者と呼ばれる証券会社や機関投資家等のプロです。そんなプロがせっせと交換するインセンティブはいったいどこにあるのでしょうか。実は、彼らはETFと現物株の価格差が発生した際に裁定取引を実施し、利益を得ているのです。彼らはせっせと裁定取引を繰り返すことでETFと現物株の価格差は収斂していきます。そうしながらも彼らは利益を得ることができているのです。

  • ETFが現物株に比べ割高だった場合は、彼らは割高のETFを空売りし、割安の現物株を市場で買うことで裁定取引を行います。
  • ETFが現物株に比べ割安だった場合は、彼らは割安のETFを市場で買い、割高の現物株を空売りすること裁定取引を行います。

*裁定取引とは同一の価値を持つ商品に価格差が発生した際に現物で空売りの受渡しを行うことで利益を得ることです。この裁定取引に関しては信用取引に関する知識の為、信用取引について知識が無ければ理解することは必要ありません。

ここで理解するべきことはETF(食券)の価格連動を行っているのが運用会社では無いということです。言い換えれば、ETFのポートフォリオを維持するのは外部の会社なので投資信託に比べ圧倒的なコスト競争力を持つのです。投資信託はポートフォリオを一定に保つように売買を実施しますが、ETFはコストを外部化している為、運用会社が何かをすることはありません。

ETFはファンドマネージャーがいないからコストが安いと言われますが、これだけでは語弊があります。ETFのポートフォリオの維持は裁定取引によって外部の会社が最適化している為、ファンドマネージャーだけではなく、ポートフォリオを維持するためのコストすら無いのです。

一方で投資信託はキャッシュが増えればインデックスと同じ割合になるように株式を購入したり、キャッシュが不足すれば株式を売却したりの手間がかかります。投資信託では必ず市場へのアクセスする為のコストが必要なんです。しかも、税金もかかりますね。

ETFの税制上の メリット

  • 投資信託と異なりETF内の売買は無く、物々交換の為、キャピタルゲイン税が無い。
  • 下記の通り現地源泉税は投資信託と異なりちょびっと取り返す事が出来る。

ETFの隠れたコストは?

ETFの隠れたコストは市場価格と基準価格の価格差です。
裁定取引を行うプロたちも私たちが市場で買う同じ板を見て裁定取引を実施しています。つまり、出来高が少なければ裁定取引すら大して実施できません。なので、売買高が少ないETFはどうしても価格が乖離してしまいます。規模の小さいETFを売買する際は必ず板を確認して自分がいくらで買うことになるか確認して下さいね。もしくは指値ですね。そして、いずれ出来高が増えることを祈りましょうw

投資信託とETF

さて、投資信託と比べて多少難解なETFを比べてみました。
これでETFはただの上場している投資信託とは言えなくなったはずです。

素人投資家的にはテレビは映像を写せるだけで十分です。
車はアクセルを踏めば前に進み、ブレーキで止まれば十分です。

こんな細かい話は必要ないかもですね。

都度、発注できる人はETF。

楽チン引き落としは投資信託。

そんな、住み分けでも良いのかもしれませんね。

では、また。

SHARE

FOLLOW ME



スポンサーリンク