スポンサーリンク

HDVとVYMの違い。

シェアはどのボタンにする?

私のURLの検索クエリを紹介します。

「hdv vym」,「vym hdv」,「hdv vym 比較」がありました。

ここからは私の推測ですが、HDVとVYMの違いを知りたいと思っていたのではないでしょうか。今回はHDVとVYMの違いをご紹介致します。



混乱の元凶となったHDVとVYMの共通点から

  • どちらも米国株ETFです。
  • どちらも大型株ETFです。
  • どちらも高配当ETFです。
  • どちらも低経費ETFです。

これだけ見るとまるで同じですよね。

HDVのモーニングスターカテゴリー

ご覧の通り大型株のみです。そしてバリュー株が中心ですね。

VYMのモーニングスターカテゴリー

ご覧の通り大型株・バリュー株を中心としています。

ここまではほとんど同じですよね。では違いについて見てみましょう。

HDVとVYMの違いはどこか?

違いはインデックスにあります。運用会社も異なりますけどね。

ETFは基本的にあるインデックスと連動するように設計されるので、ETFの成績はそのままインデックスの成績次第になります。なのでETFを選択する際には連動するインデックスの比較をしなければならないのです。

ちなみに、インデックスの成績以外にも運用、管理、経費率等様々な要因でETFはインデックスに対してトラッキングエラーと呼ばれる乖離を発生させます。例えば経費率が高ければどんなに優れた運用を行っていてもETFがインデックスに対して下方乖離を起こしてしまいます。同じインデックスへの連動を目指すETFであればトラッキングエラーの小さいETFが必然的に優れたETFになります。

SP500に連動するVOOやIVVであればどちらも大した差はありませんけどね。現時点ではIVVがほんのわずか0.01%経費が安いです。又いずれ、経費の改定があると思いますけどね。

HDVとVYMのインデックスについて

実はインデックスに注目すると多少趣が違うことがわかります。
詳しく見てみましょう。

HDV:モーニングスター配当フォーカス指数

HDVはスマートベータ型と呼ばれ、単純に配当利回りだけで採用されていません。モーニングスターの評価で競争力があると判定された大型株の75銘柄にある程度分散されていることが特徴です。HDVに投資することで競争力のある成熟企業に分散して投資することが出来ます。

VYM:FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス

VYMは平均以上の配当利回りから構成される大型株から構成されます。シンプルなインデックスで経費率も低く400以上の銘柄に分散されていることが特徴です。VYMに投資することで米国株の配当利回りを基準とした割安株に幅広く分散投資を行うことが出来ます。

インデックスの違いがもたらすもの

HDVとVYMの違いはありますが、将来のパフォーマンスにどのような影響があるかは残念ながら誰にもわかりません。エコノミック・モートを持ち、競争力がある高配当の企業に投資した所で結局、投資家の期待を上回る成長が無い限り、株式リターンの市場平均を上回ることは出来ないのです。なので、賢しらにHDVに投資するのか若しくは、平均利回り以上の割安株投資で市場平均を上回ることを目指すVYMに投資するかは本当に悩ましいところです。

HDVとVYMのカタログスペック比較

 HDVVYM

IVV

利回り3.19%2.81%1.90%
beta(3年間)0.720.901.00
1年間リターン18.04%24.07%24.98%
3年間リターン10.48%11.52%10.59%
5年間リターン12.38%14.01%13.96%
10年間リターン7.64%7.57%
経費率(net)0.08%0.08%0.04%

トランプラリーによる上げ相場ではHDVと比べVYMがより好調でした。もちろんbeta値もHDVがより低いです。このことはいったい何を示すのでしょうか。実はこれらはどちらも高配当株の特徴を色濃く写しているだけなんです。

HDVが2011年の設定の為、残念ながら長期の比較が出来ません。中期で見ればHDVとVYMを比べればVYMのパフォーマンスが優れていました。しかし、HDVは私が知る限り最も高配当株らしいインデックスに連動しており値動きもまさに高配当株らしいです。なんたってトランプラリー以降のパフォーマンスが冴えていないのです。好況局面でパフォーマンスが市場平均に劣後するのは高配当株の宿命です。高配当株の強さが発揮されるのはインフレ局面若しくは景気後退局面です。高配当戦略は株高の時も株安の時も配当再投資を一貫して行うことで長期で高いパフォーマンスを得ることを目指しています。

ちなみにHDVはブラックロックがコアETFと銘打ったスマートベータ型ETFですが、比較的安い経費率で提供してくれています。資産残高はDVYが上回っているのでHDVへの力の入れ方が違うことがわかりますね。私はDVYも好きですけどね。日本ではほとんど見かけません。

高配当戦略については別記事にしています。

高配当戦略について
素人投資家×高配当戦略×ETFの組み合わせはおそらく私にとってベストです。最適解を追うことは出来ませんが、高配当戦略の特長を最大限に活かした運用の鍵がETFにありました。不労所得の源泉は配当株に決まりです。

さいごに

今回は疑問があるであろうことを推測して記事にしてみました。ですが本当にみんなが知りたいことはわかっています。HDVとVYMのどっちがパフォーマンスが優れているのか?ということだと思います。私も知りたいです!W

ですが、そんなことは誰もわかりません。せめて違いについてを一生懸命記事にしてみました。HDVとVYMの違いにもやもやしていた方にスッキリして頂ければ幸いです。

では、また。

高配当ETF-HDV(高配当戦略に最適!)
素人投資家が採用するETFにピッタリです。ベンチマークを確認すれば明らかなのです。皆さんは企業の周りにお濠が見えることはありますか?もしエコノミック・モートって言葉にピンとくればHDVはあなたにピッタリかもしれません。
高配当ETF-VYM(ザ・高配当ETF!!!)
大型株の割安・高配当銘柄で構成されるVYMは設定以来、堅実に株価の伸長と配当金の積み増しを享受することができました。大型高配当株に分散投資するにはこのVYMに投資することが素人にとって最も手軽なツールであることは間違いありません。
「SPY」,「IVV」,「VOO」-株式のメジャーベンチマーク。他の指数は所詮マイナー。
何に投資して良いのかわからない。では世界でスタンダードな株式指標は何でしょうか?それがSP500なのです。「SPY」「IVV」「VOO」こそ世界で最も注目されている指数に連動します。

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク