投資方針

シェアはどのボタンにする?

素人投資家として相場に臨むが必ず大きな資産を手にしたい。その為の投資方針を策定しました。

前提としてまず、多くの資産をドルで運用します。

その理由は円だけでの投資では投資先も国内に限定されてしまうからです。投資の基本は長期・積立・分散投資の筈です。しかし、円だけでは分散投資が適切に実施できません。国内・海外への広い分散投資を実践するならば、ドルで運用するのが合理的です。なぜならば私たちの投資環境はネット証券で安く外貨を両替出来て、日本の証券会社でも海外株式の取得も容易だからです。

為替リスクへの対応について。
外国株投資において気になることに為替リスクがあります。ですが、長期運用を前提とした場合にはリスクが減っているとしたらずいぶん気が楽になりますよね。株式と為替の関係について記述しました。

そして、「ETF」が私の投資方針における重要なピースです。投資信託に比べ株式市場で買いつける手間がかかりますが、圧倒的に経費が安いです。



「素人投資家戦略×高配当戦略×ETF」

高配当戦略はひたすら不人気な高配当株へひたすら投資を続けることです。もし、高配当ETFの株価が下がれば買う。それだけです。利回りがさらに高くなったと喜びながら買うことができます。評価額は減少してますけどねw

広く分散し、今後も長期的には右肩上がりに上昇するインデックスに連動するETFであれば、迷いなく積立投資を続けることが容易くなるはずです。

もし、高配当な個別銘柄に投資していれば本当に追加投資を続けるべきか素人投資家の私は迷ってしまうはずです。高配当銘柄は不人気銘柄ですからね。人気が離散し、誰からも見向きもされない。そんな個別銘柄に私は投資を続けることができなくなることは容易く想像できてしまいます。だからETFは私にとって重要なピースなんです。

素人投資家戦略
長期・分散・積立を堅実に実行することが素人投資家の必勝法です。ですが、短期的な目標を諦めることと、長期運用で時間をかけることは本当に難しいことです。素人投資でおすすめできる投資戦略は3つです。
高配当戦略について
素人投資家×高配当戦略×ETFの組み合わせはおそらく私にとってベストです。最適解を追うことは出来ませんが、高配当戦略の特長を最大限に活かした運用の鍵がETFにありました。不労所得の源泉は配当株に決まりです。
ETFって何?
ETFって何?投資信託と比べたその優位性について記述しました。どちらも一長一短ですが、購入する金融商品の特徴は把握しておきましょう。実は、ETF内の2つの税金はかからないのです。知ってましたか?

 

「素人投資家戦略×連続増配株投資×ETF」

この組み合わせも相場観を放棄した私のような素人投資家にピッタリです。連続増配株投資はインカムゲインとキャピタルゲインの2兎を追う戦略です。連続増配企業はどんな経済環境においても増配を続けることが出来た強固なビジネスモデルと磐石な財務基盤を持った証左です。つまり、株価が高かろうとも安かろうとも今後の長期的な成長に投資することが出来ます。なお、連続増配株投資においては日本株にも投資します。

連続増配企業への投資-これぞ株式投資の王道
王道投資方法の一つに連続増配企業への投資があります。20年も30年も配当支払いを増やし続けた企業はそれだけで競争力とキャッシュを稼ぐ力を有しており、景気循環にも負けない強さを株主に期待させます。配当の実績が信頼の証となる簡単さも大きなポイントですね。
米国株の配当と自社株買いについて。
米国株と日本株の大きな違いは2つあります。資産価値が上昇する環境と経営者の株主に対する姿勢です。その違いをもう一度しっかり確認してみよう。20年間分のSP500の配当金と自社株買いの規模の推移をご覧下さい。

「素人投資家戦略×ゴールド投資×ETF」

私は主に株主フレンドリーな米国へ投資します。グローバルな世界ですから過度な地域分散はしません。一方で、通貨分散に関しては不十分でドルに集中しています。軍事よりもビジネスに精を出す昨今では通貨安戦争が勃発する始末です。投資する通貨の価値が中央銀行の金融政策で毀損されてしまうのは素人投資家でも堪りません。なので、ドルが毀損される際は、つまり金融緩和が実施されそうな時にはゴールドをある程度保有するように準備致します。金融引締めの際には金価格が下落するのである程度のタイミング投資が必要になるのがネックですけどね。

ゴールド投資の本懐
ゴールド投資のまとめです。ゴールドは米国投資に傾倒している私に必須の投資先だと思っています。ゴールド投資の基本を確認しましょう。

主な投資先

高配当ETF

  • HDV
  • DVY
  • VYM
  • DHS
高配当ETF-HDV(高配当戦略に最適!)
素人投資家が採用するETFにピッタリです。ベンチマークを確認すれば明らかなのです。皆さんは企業の周りにお濠が見えることはありますか?もしエコノミック・モートって言葉にピンとくればHDVはあなたにピッタリかもしれません。
iシェアーズ 好配当株式 ETF-DVY(全米から高配当株をかき集めた強欲ETF!!)
米国小中大型株式から高配当株を100社かき集めた強欲ETFです。EPS・DPS・配当性向に着目して今後の配当成長に期待出来る素人投資家にとっても優しいETFです。ポートフォリオの一部に是非どうぞ。
高配当ETF-VYM(ザ・高配当ETF!!!)
大型株の割安・高配当銘柄で構成されるVYMは設定以来、堅実に株価の伸長と配当金の積み増しを享受することができました。大型高配当株に分散投資するにはこのVYMに投資することが素人にとって最も手軽なツールであることは間違いありません。
高配当ETF-DHS(シーゲル博士がアドバイスするインカムの源泉!)
シーゲル博士監修のETFの一つがDHSです。配当支払いの高い企業で配当が多い程多く組み込まれたまさにインカムの源泉となり得るETFです。今まで、チェックされていなかった方もぜひどうぞ。

連続増配ETF

  • VIG
  • SDY
  • 1494
連続増配ETF-VIG(10年以上の実績を持つテッパン銘柄群!!!)
VIGのETF紹介です。10年以上連続増配実績を持つ企業群をまるっと買えるETFです。配当を出し始めて10年経ったら準配当株として株価と配当の両方の伸びを享受出来るかもしれませんね。
米国高配当貴族株式ETF-SDY(連続増配の永久保有銘柄群にまるっと投資!)
SDYは25年連続増配が可能であった強固なビジネスモデルを持つ企業群で構成された配当加重型ETFです。大型・中型・小型も増配を続け配当を多く出す企業ほど採用比率が高まります。ETFとしてのメリットを最大限活かしたETFだと言えるでしょう。
1494 One ETF 高配当日本株-S&P/JPX配当貴族に連動する連続増配ETF!
憧れの配当貴族指数の日本版ETFがついに上場です。高配当ETFではないのですが、長期間運用で元本成長と配当成長の両方を期待することができます。ぜひ、パフォーマンスをご確認して下さい。

サテライト投資

  • GLD

金鉱株投資において知るべきことは2つだけ。
大規模金融緩和の出口政策は金鉱株へどのような影響を与えるのでしょうか。金鉱株の天井はまだまだずーっと先にあるはずです。金鉱株投資に興味を持つ前に最低2つのことだけは確認しておいて下さい。

投資スタンス

  • タイミング投資は諦めた。。
  • お金が貯まったら追加購入。
  • 生活防衛費は6ヶ月間
  • コア投資先はETFとする!!

出口戦略

出口戦略とはつまり、追加投資が終了する時ですね。

きっとリスクが取れなくなって、それでも投資したくてムズムズしてるでしょうね。具体的なことは今から想定しても仕方無いのでふわっとで留めておきます。先のことはよく分かりませんからね。少なくとも投資資金を追加で入金しない場合がテーパリングの始まりです。配当金の再投資は続けるかもしれませんけどね。それは20年後か30年後か40年後かわからないです。

まぁ、そんなこと考えても仕方ありません。だって、配当金がありますから。場合によっては金融資産の売却はしなくて済むかもしれません。それは夢ですけどね。

もしかしたら、5年後にも入金が出来ない無い状況もあり得ます。そんな時には生活費の足しになるのか、泣く泣く損切りになるのかは時の運です。見える範囲ではそんなことが起きないよう努めますけどね。

では、また。

スポンサーリンク
人気関連記事

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク