スポンサーリンク

ポートフォリオ紹介①-我輩の辞書に「景気後退」の4文字はない。

シェアはどのボタンにする?

どーも、のぶです。

具体的なポートフォリオをいくつか紹介します。特に今回は「株式100%バージョン」です。資本主義社会の根幹とも言える株式へ、全力で資本を注ぐことで資本収益を最大限向上させることができます。これは思考ストップの脳筋ポートフォリオです。

歴史を振り返れば過去の長期的な株式のリターンが高く、きっと今後も高いリターンを投資家に提供する可能性が非常に高いです。株式は不透明な将来の利益を株価に織り込む為、価格変動リスクが大きいですが、思考ストップをすることがむしろ投資家を守ることになるかもしれません。

次に掲げるグラフは株式・長期国債・短期国債・ゴールド・ドル(現金)のインフレ調整後実質リターンの200年間の推移です。200年もの間、株式は6.6%、長期国債は3.6%、短期国債は2.7%、ゴールドは0.7%、ドルは-1.4%ずつ、1年ごとに成長していました。このデータの起点は1802年ですが、ナポレオンがフランス皇帝になる直前ですね。そんな革命と激動の19世紀、破壊と創造の20世紀を乗り越えての数字なので、再現性は高いはずです。

このグラフが教えてくれることは株式の高いリターンと、現金のドルだけがインフレに蝕まれていたことです。特に長期的には現金が資産保全には向いていないことを示しています。もし、30年も使わないお金を貯める場合、その貯めたお金は稼いだ当時の価値を失っているかもしれないですね。

ちなみにナポレオンは「我輩の辞書に不可能は無い」とは言ってないそうです。



株式100%の心構え

株式100%は文字通りの脳筋ポートフォリオです。もはや、今の時価なんて気にせず淡々と投資出来る人に向いています。未来を強く信じられる人か、はたまた鈍感な人のどちらかに違いありません。

やれ資本主義の終末だの、国家の破綻が叫ばれ、明日の仕事すら危ぶまれる最悪の経済状況が来るかもしれない。磔にされても、「それでも資本主義は回っている」と言えますか?

上のグラフはまだ、200年程度の歴史といえばそれまででしょうが、200年の歴史を俯瞰すれば数年の恐慌も一時的なパニックに過ぎないだけかもしれませんね。資本主義を物理的に破壊するような破滅的な戦争が起きないことを祈るばかりです。

また、下図のように今まで30年間長期金利が下がり続けました。クレジットサイクルの転換は債券投資にとって向かい風となる可能性もあります。知らんけど。

いや、知らんからこそ、積極的にリスクを取りに行くのが脳筋ポートフォリオです。あなたは今の資産価値に無頓着になれますか?なれるならば、脳筋の素質があります。

このグラフはRussell3000(全米株式)の10年チャートです。10年目に1年ちょっとで資産が半分になっています。恐ろしいですね。当時の記録もネット上に残っているので探してみると面白いですよ。

リーマンショックの前後を振り返る
2008年のリーマンショック後に投資を始めた方が増えてきていますので、リーマン・ショック前後でどんな雰囲気だったのか、また私のアセットアロケーションがどう変わったのか、過去のブログ記事を振り返ってみます。まず、下図が2006年からの我が家の

でも、その10年後には倍になっています。

重要なことはポートフォリオ上は景気後退について顧慮しなくとも、確実に景気後退は実生活を蝕む可能性があることを忘れてはいけません。その肝が資金管理にあることは言うまでもありませんね。

株式100%のポートフォリオ

株式のみであっても重要なことはエクスポージャーの組み合わせです。大型株・小型株、バリュー・グロース・クオリティ、連続増配・高配当銘柄・配当成長、地域分散など組み合わせは無限大です。

世界分散-VTのみ

期待するのは株式資産のみ、だから偏りはせず全て時価総額加重でまるっと買うポートフォリオですね。単純明快なポートフォリオです。

全世界株式ETF-VT(分散こそ正義!!)
全世界の上場株式にまるごと投資できるETFがVTです。投資対象が広い為、固有のリスクは株式であることだけです。それはつまり、VTはある意味純粋な株式資産になるわけです。

米国の一極集中-VTIのみ

余計な分散はせず、資本効率の高い米国への一極集中です。アクセスも容易で、コストも極めて低いです。

全米株式ETF-VTI(これが最もベーシックな投資対象!)
バンガードが供給するETFの残高を見ることで何のETFが最もベーシックな投資対象なのかがわかります。VTIは山有り谷有りですが、それでも投資し続けることが正しいことということを学ばなければいけません。

世界分散-VTI:VEA:VWO=5:3:2

VTと違い、時価総額以外の割合で米国・米国以外先進国:新興国の割合を好きに変えられます。米国への期待が低く、新興国への期待が高ければ1:1:1のように調整することができます。

VOO:VB=8:2~4

米国に集中しながらも米国大型株に多めの小型株をトッピングし、より高い成長力を期待することもできます。

VTI:HDV:VBK=4:2:2

米国に集中しながらも全米株式へ、大型優良株の割安銘柄と小型高成長株のトッピングをすることもできます。

高配当ETF-HDV(高配当戦略に最適!)
素人投資家が採用するETFにピッタリです。ベンチマークを確認すれば明らかです。皆さんは企業の周りにお濠が見えることはありますか?もしエコノミック・モートって言葉にピンとくればHDVはあなたにピッタリかもしれません。
米国小型グロースETF-VTWG,VIOG,VBKの紹介
米国小型グロースETF-VTWG,VIOG,VBKを紹介します。これらのETFは最も競争が激しく刺激的な市場に投資するETFと言っても良いでしょう。

VTI:DGRW:VBR:VEA:VWO=20:20:20:20:20

全世界に分散し、米国大型クオリティ企業と米国小型割安株に厚めに投資することもできます。

米国株クオリティ配当成長ETF-DGRW(配当成長に着目した配当ETF⤴︎)
DGRWは収益性と配当成長に着目した配当成長ETFです。連続増配の実績に拘らず、配当成長の恩恵にあずかることを目指しています。
米国小型バリュー株ETF-VTWV,VIOV,VBRの紹介
米国小型バリュー株ETFを紹介致します。もしかしたら、割安の小型株って投資家の期待が最も低いかもしれませんね。ですが、そこにこそ株式投資の利益の源泉があるはずです。

株式 100%でググってみた!

内容について関係がありそうな記事のリンクを勝手に貼っておきます。

株式100%で運用してはいけない
個人投資家に広く読まれている資産運用の入門書に、橘玲氏の「 臆病者のための株入門 」や、山崎元氏の「 超簡単 お金の運用術 」がある。これらの本は、資産をすべて株式で運用するアセットアロケーションを勧めている。前者は外国株式85%と国内株式15%、後者は外国株式60%と国内株式4...
なぜ「VT一本」にしないのか(株式100%のポートフォリオはアリなのか)
「VT」とは、超低コストで先進国から新興国まで世界中の株式に分散投資できる「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」という海外ETF※1のことです。インデックス投資家の「リーサルウェポン」などと呼ばれ、「投信ブロガーが選ぶFund of the Year」においても2年連続で第1位に選ばれている、文句なしの「良...
長期投資のポートフォリオは、株式100%でいいのか?
長期投資をする際のポートフォリオについて考えてみる 投資においてはアセットアロケーションが必要だと言われている…
100%株式でも保守的ポートフォリオ! 借金してでも株を買うべき!? | Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!
投資を始めてから、株しか買っていません。 債券とかREITとか金とかまだ一度も買ったことありません。 なぜなら、長期投資で株式のリターンを上回るとは思えないからです。 債券を毎月積み立て投資している人、たまにいますが私からしたら信じられません。 ましてや年初からこの債券価格の高騰っぷりです。
「ポートフォリオは100%株式でよい」「○○一本でよい」(○○は企業だったり国だったり)といった意見が出ていますが
先週の月曜日、日経平均連騰の最長記録が16営業日でストップしたそうですが、週末の日経平均はそれを上回り、約21年4カ月ぶりの高値で引けました。...
全資産を株式に投資せよ 〜株式100%ポートフォリオについての考察〜 - 32歳サラリーマン米国株投資日記
株式100%のポートフォリオについて考えてみます。
積立投資は株式だけで良いのか? - ロジカル投資
株式相場が好調な事もあって、全体的に強気派が多くなっているような気がします。積立投資は長期のリターンを考えれば株式(主に米国)だけで良い、という意見をたまにみますが、いろんな前提付きなのは間違いないの... 続きを読む →

http://www.naminori-toushi.com/entry/2017/11/06/株式100%25が好きだ!

では、また。

ポートフォリオの考え方
ポートフォリオの組方について考えてみましょう。分散を考えることとは何にギャンブルするのかをはっきりさせることです。みなさんは何にギャンブルしますか?

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク