新興国株式の春とレイ・ダリオ氏の振り(2018/2/19)

VT VWO VTI 新興国投資

新興国株式の足元の状況を確認しましょう。昨年は新興国株式のリターンが目覚ましく、全世界株式のリターンを引き上げる要素となっていました。2月に入りちょっとした急落がありましたが、新興国株式の期待と失望度はどの程度だったのか、52週最高値&安値からの下落率&上昇率を見てみましょう。

スポンサーリンク

新興国株式インデックスの足元の状況

新興国インデックスの状況VWOを市場平均としてプロットしていますが、一番左にあります。そして新興国インデックスには様々なファクターを有するインデックスがありますが、そのいずれもが右側にあるということです。

つまり、下落はしたがそれほどということですね。興味深いのは米国株においては不調であった、サイズ・バリューファクターが特に新興国株式においてはデフェンシブな働きをしていることです。

【DGSの紹介】ウィズダムツリー 新興国小型株配当ETFは最もアナリストの目から遠い投資
【DGS】ウィズダムツリー 新興国小型株配当ETFに投資することで、新興国市場で配当支払いを行う時価総額の小さな企業に投資することができます。新興国の小型株に投資できる貴重なETFです。
【DEMの紹介】ウィズダムツリー 新興国株 高配当ETFは新興国の割安株投資!
DEMに投資することで新興国地域において配当利回りの高い企業に投資することができます。もしくは新興国株式のバリュー投資にいかがでしょうか。
【DGREの紹介】ウィズダムツリー 新興国株クオリティ配当成長ETF
DGREに投資することで新興国市場にて配当支払を行う成長性のある企業に投資することができます。新興国に投資するETFの中でも長期的収益予測に重きを置いている為、クオリティ濃い目が期待できます。
【XSOEの紹介】ウィズダムツリー 新興国株ニューエコノミーETF
XSOEに投資することで新興国全体に投資しつつ、株主のプレッシャーが弱い国有企業を避けた投資を実施できます。市場を網羅したインデックスとXSOEのそのリターンの差はちょっと驚くものがありました。

サイズ・バリューファクターは調整局面後に優れたパフォーマンスを一般的に示すことから新興国株式はまさに強気な投資家が群がっていることになります。完全に私は置いてけぼりです。

市場調整後のパフォーマンス

これは過去の調整局面後においてどのファクターが優れたパフォーマンスだったかを示しています。これを見ればサイズとバリューが優れていた傾向だったことを知ることができますね。つまり、インデックスを比較してみることで米国は弱気であり、新興国株式が強気であることがわかります。

スポンサーリンク

世界最大のヘッジファンドを率いるレイ・ダリオ氏の助言

レイ・ダリオ氏は過去に反応し未来を考えてはいけないと個人投資家に助言しているが、彼は昨年末に新興国株式の買いポジションを減らしたことが先日明らかになりました。年を越した後まで強気だったのに突然の弱気転換です。

以下、記事でも指摘していますが、急落があろうと市場に振り回されない投資をすることが個人投資家にとって最も重要であることをレイ・ダリオ氏が教えてくれたことを思い出しましょう。レイ・ダリオ氏自身が振り回された可能性もありますからね。

人の振り見て我が振り直せとなるのか。今後が楽しみです。

世界最大のヘッジファンド、欧州株空売りを先週比60%増額
2月2日から始まったアメリカ発の世界同時株安で、著名投資家のポジション動向が話題となっているが、市場が急落して…

コメント