スポンサーリンク

【人気記事ランキングTOP30】全記事(全期間)

シェアはどのボタンにする?

当ブログの人気記事TOP30です。

ブログ開設以来のPV数をリアルタイムで集計しています。

    • 高配当ETF比較(HDV・DVY・VYM)
      どーも、のぶです。   私の投資方針は高配当ETFへの投資です。個別銘柄選定やタイミングの自信が無いのです。だからETFで投資します。世の中便利になったものです。 もっと日本人投資家で...

    • 連続増配企業への投資-これぞ株式投資の王道
      どーも、のぶです。   今回は連続増配する企業への投資についてです。 投資家が100人いれば、100のポートホリオがあります。最近はロボアドで同じポートフォリオもあるかもですが。 &...

    • 高配当ETF-HDV(高配当戦略に最適!)
      どーも、のぶです。   高配当戦略にピッタリな高配当ETFがあります。更に素人投資家戦略にもピッタリなのも高配当ETFでした。きっと私が今後30年は保有する長期運用資産です。今回はそのう...

    • 高配当戦略について
      どーも、のぶです。   私の投資方針の一つは高配当戦略です。 今日は自分の為にも明文化し、方針を改めて明確化します。 素人投資家である私が実践する内容なので、長文となりますが、よくわ...

    • HDVとVYMの違い。
      私のURLの検索クエリを紹介します。 「hdv vym」,「vym hdv」,「hdv vym 比較」がありました。 ここからは私の推測ですが、HDVとVYMの違いを知りたいと思っていたのではない...

    • おすすめETF2017年バージョン!
      本来は年初に書くべき記事ですが、今更書いてみます。 2017年におすすめ出来るETFを紹介させて下さい。   ですが、ちょっと待って下さい!   ETFを選ぶ前に基本事項...

    • 資産公開
      ブログ界隈を見れば資産規模が大きい方が多いです。 ですが、私のような普通な資産規模の人もいます。 恥ずかしくはありませんw    米国98%のポートフォリオで...

    • 日本株高配当ETF比較-1478,1489,1577
      どーも、のぶです。   日本株を対象として、高配当を謳うETFの比較をします。1478-iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF 1489-日経高配当株50ET...

    • おすすめETF
      おすすめETFを紹介します。 円だけでの投資では投資資産が限られてしまいます。 ですが、ドル建てであれば多くの選択肢が増えます。 円建てでも結局為替リスクがあるのならば、最初からドルで運用を...

    • 高配当ETF-VYM(ザ・高配当ETF!!!)
      高配当ETFの一つ、VYMの紹介です。 高い配当貰いながら再配当するには絶好のETFです。私のような素人投資家もとても扱いやすいです。時間さえかければ大きな資産となっていることが目に浮かびます。まぁ...

    • IVVとVOOの比較
      今回はIVVとVOOの比較を記事として取り上げさせて頂きます。インデックス投資をするのであれば右肩上がりの市場に投資しなければいけません。その点、全く心配がいらないのがIVVとVOOです。共...

    • 日本株高配当ETF-1489(日経平均高配当株50指数)
      どーも、のぶです。   今回ご紹介させて頂くETFは日経高配当株50ETFです。 このETFの最大の特徴は時価総額加重方式でも、価格加重方式でもなく、配当加重をベースとしたスマートベー...

    • 高配当ETF一覧(債券と株式)
      どーも、のぶです。   高配当ETFの一覧を作ってみました。 なぜこれらは高配当なのか、なぜ高配当ETFを探しているのかはよく考えて下さいね。   一般的に高配当株は企業...

    • 素人投資家戦略
      玄人にはなれない。 私はそうです。 だから、素人でも勝てる資産運用が必要なんです。素人は長期・積立・分散投資を基本方針にしなければいけません。この記事では長期・積立・分散がどんな効果があるか見てい...

    • 財産所得推移
      どーも、のぶです。   皆さんは財産所得をお持ちですか? 例えば、株式の配当収入、不動産の家賃収入、特許収入等様々ありますよね。 この記事ではほんのわずかな財産収入の推移を記録します...

    • 全世界株式ETF-VT(分散こそ正義!!)
      インデックス投資家から絶大な人気を誇るVTの紹介です。 VTは株式投資において可能な限りの分散を体現した商品なのです。   分散がリスク回避の最上の方法と考えれば究極の1手と言っても過...

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク