スポンサーリンク

おすすめETF2017年バージョン!

シェアはどのボタンにする?

本来は年初に書くべき記事ですが、今更書いてみます。

2017年におすすめ出来るETFを紹介させて下さい。

ですが、ちょっと待って下さい!

ETFを選ぶ前に基本事項のおさらいです。

素人でも勝てる投資は長期・分散・積立が基本です。
長期・分散・積立は株式投資を通して世界経済成長の果実を得る為の最も簡単な手段なんです。もちろん、長期・分散・積立の程度は個人によりそれぞれ異なるはずです。

例)5%のリターンが得られた場合。

  • 月初に3万円分、VOOを20年間買う。→→→1,200万円(投資資金:720万円)
  • 月初に6万円分、VOOを30年間買う。→→→4,900万円(投資資金:2,160万円)
  • ボーナス時に30万円分、VOOを20年間買う。→2,000万円(投資資金:1,200万円)
  • 注記:配当再投資として税計算も含んでおらず、株価の上昇も緩やかとする。上記は当然皮算用です。空気抵抗も考慮しない物理計算みたいなものです。物理計算を初めてした時のようにイメージを掴むことを目的とします。ETFであればぴったりな金額も買えませんからね。

ちなみに私はクレジットの引き落としに合わせてぽちっと発注してます。家計の確認のついでです。最近は家にいながらクレジットの支払明細の確認も出来るし、振込も出来るし、ドル転も出来るし、株式の発注も行えますからね。ほんの数分でここまで出来るのですから便利な世の中です。

素人投資家戦略
長期・分散・積立を堅実に実行することが素人投資家の必勝法です。ですが、短期的な目標を諦めることと、長期運用で時間をかけることは本当に難しいことです。素人投資でおすすめできる投資戦略は3つです。
投資の5W1H
どうやって投資をするか順を追って考えてみましょう。まずは基本の5W1Hで整理してみましょう。周りに流されないルールを決めることが投資の世界では重要なです。なぜならば旬の過ぎた魅力に振り回される可能性があるからです。



おすすめETFの第1位はSPY,IVV,VOO!

株式投資においてはスタンダードが一番ですね。奇を衒う必要も無く成長の果実が手に入ります。世間ではそれをタダノリと呼ぶそうです。

ティッカー:SPY,IVV,VOO

SP500と呼ばれる米国大型株式から構成されるインデックスに連動します。
リターンは最も歴史が長いSPYで記載します。(2017年2月末時点)

  • 5年間リターン:13.85%
  • 10年間リターン:7.51%
  • 設定来(1993年):9.28%
  • 200年間リターン(参考値):6.9%

世界で最もスタンダードな株価指数として世界中の機関投資家がこの指数と成績を争い、そして多くが敗れています。その指数を我々はわずかな手数料で買うことが出来ます。ETFは今後の株式市場に歪みが生じるのではないかと不安になるぐらいの革命的商品です。米国大型企業の株主資本にしれっと参加出来てしまうのですから世の中変わったものです。

9割が相場に勝てず、米アクティブ運用ファンド S&P調べ
 【ニューヨーク=伴百江】アクティブ運用ファンドの9割が相場に勝てず――。S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは15日、米国の投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表し、こんな結果を

SP500は30年も横ばいだった極東のへっぽこ指数とは違います。ETFを選べない方はとりあえずこれで良いんじゃないでしょうか。生ビールと同じです。

「SPY」,「IVV」,「VOO」-株式のメジャーベンチマーク。他の指数は所詮マイナー。
何に投資して良いのかわからない。では世界でスタンダードな株式指標は何でしょうか?それがSP500なのです。「SPY」「IVV」「VOO」こそ世界で最も注目されている指数に連動します。

おすすめETFの第2位はVTI!

SP500とパフォーマンスはほぼ同じです。違いは中型・小型株も含めたまるっと全米株式であることです。SP500に比べて構成銘柄数も多くより広い分散が行われています。大型株のみでは不安な方はSP500よりVTIがおすすめです。

ティッカー:VTI

  • 5年間リターン:13.82%
  • 10年間リターン:7.79%
  • 設定来(2001年):6.59%

全米株式ETF-VTI(これが最もベーシックな投資対象!)
バンガードが供給するETFの残高を見ることで何のETFが最もベーシックな投資対象なのかがわかります。VTIは山有り谷有りですが、それでも投資し続けることが正しいことということを学ばなければいけません。

おすすめETFの第3位は高配当&連続増配ETF!

私の投資対象です。「株価の下落≒配当利回りの上昇」となる為、精神的負担が少ないです。

高配当ETF-HDV(高配当戦略に最適!)
素人投資家が採用するETFにピッタリです。ベンチマークを確認すれば明らかなのです。皆さんは企業の周りにお濠が見えることはありますか?もしエコノミック・モートって言葉にピンとくればHDVはあなたにピッタリかもしれません。
iシェアーズ 好配当株式 ETF-DVY(全米から高配当株をかき集めた強欲ETF!!)
米国小中大型株式から高配当株を100社かき集めた強欲ETFです。EPS・DPS・配当性向に着目して今後の配当成長に期待出来る素人投資家にとっても優しいETFです。ポートフォリオの一部に是非どうぞ。
高配当ETF-VYM(ザ・高配当ETF!!!)
大型株の割安・高配当銘柄で構成されるVYMは設定以来、堅実に株価の伸長と配当金の積み増しを享受することができました。大型高配当株に分散投資するにはこのVYMに投資することが素人にとって最も手軽なツールであることは間違いありません。

又、連続増配株はその名の通り、連続増配実績を持つ企業のみの構成です。連続増配が行えるイケイケ企業群へ投資が可能です。当然、株価は上下しますけどね。

連続増配ETF-VIG(10年以上の実績を持つテッパン銘柄群!!!)
VIGのETF紹介です。10年以上連続増配実績を持つ企業群をまるっと買えるETFです。配当を出し始めて10年経ったら準配当株として株価と配当の両方の伸びを享受出来るかもしれませんね。
米国高配当貴族株式ETF-SDY(連続増配の永久保有銘柄群にまるっと投資!)
SDYは25年連続増配が可能であった強固なビジネスモデルを持つ企業群で構成された配当加重型ETFです。大型・中型・小型も増配を続け配当を多く出す企業ほど採用比率が高まります。ETFとしてのメリットを最大限活かしたETFだと言えるでしょう。

日本版の高配当株ETFと連続増配株ETFもあります。興味があれば是非ご覧下さい。株式投資では投資家の期待を上回る成長があった場合に大きな利益を株主へもたらします。日本株投資を敬遠したくなる時こそ投資するべきタイミングなのかもしれません。

日本株高配当ETF比較-1478,1489,1577
実は日本株の高配当ETFって多品種揃っているんです。今回比較する3つのETFは全部採用比率の計算方法が違いました。高配当戦略はマイナーな投資方法ですけど誰でもできる簡単な投資です。ETFを用いることで誰でも負担を少なく実施することができるようになりました。是非、ご検討ください。
1494 One ETF 高配当日本株-S&P/JPX配当貴族に連動する連続増配ETF!
憧れの配当貴族指数の日本版ETFがついに上場です。高配当ETFではないのですが、長期間運用で元本成長と配当成長の両方を期待することができます。ぜひ、パフォーマンスをご確認して下さい。

おすすめETFの第4位はVT!

米国企業の成長だけに賭けるのはリスクが高いと感じる方、世界中の株式に投資したい方に向けたETFです。VTは全世界の株式に時価総額加重でウェート付を行っている為、銘柄選別はともかく、セクター割合やカントリーリスクを気にする必要もなく投資をすることが出来ます。これぞ、株式の分散を極めた王道です。たった1つの銘柄で時価総額で98%以上の8000銘柄をカバーできます。

ティッカー:VT

  • 5年間リターン:8.76%
  • 10年間リターン:-
  • 設定来(2008年):5.35%

全世界株式ETF-VT(分散こそ正義!!)
全世界の上場株式にまるごと投資できるETFがVTです。投資対象が広い為、固有のリスクは株式であることだけです。それはつまり、VTはある意味純粋な株式資産になるわけです。

おすすめETFの第5位はAGG,BND,LQD!

  • 総合債券:AGG,BND
  • 総合社債:LQD

資産全体のリスクを抑えたい方はキャッシュポジションを多めに取るか債券の選択になります。総合債券は国債も含めており値動きも利回りもマイルドです。利回りがもう少し欲しい方には米国社債のみのLQDがおすすめです。

ティッカー:AGG

  • 5年間リターン:2.13%
  • 10年間リターン:4.1%
  • 設定来(2003年):4.08%

米国総合債券ETF-AGG,BND(これが普通の債券ETF)
AGG,BNDは米国総合債券にまるっと投資できるETFです。円建てでは投資出来ない様々な債券に対して分散して投資ができることが最大のメリットです。

ティッカー:LQD

  • 5年間リターン:3.75%
  • 10年間リターン:5.38%
  • 設定来(2008年):5.62%

投資適格社債ETF-LQD(優良企業の社債へまるっと投資!)
LQDは投資適格社債に広く分散し、そこそこの利回りとそこそこの安定的な値動きが特徴の債券ETFです。リーマンショック以前からも堅調な成長をしており、リスクを抑える運用に組み入れるのも良いかもしれませんね。

これらはETFで資産運用するにあたっては中核となるであろうETFです。異論は認めます。これらは別に今年だからおすすめしているわけではありません。去年だろうが、今年だろうが、来年だろうがおすすめ致します。そう言えるだけの中核ETFです。

2017年におすすめできるETFは?

中核ETFと異なり、短期・中期でのスイングです。ETFのまるっと投資だけでは面白くないですからね。刺激を求めたい方は続きをどうぞ。

まずは米国金融セクターETFのVFH!

勿論、世界で唯一利上げ局面にある米国金融ETFです。急激な利上げだろうとゆっくりとした利上げだろうとじっくりホールドです。

4/6時点の足元ではどこまで下落するかわかりませんが、金融株は有力視しています。ただし、利下げする雰囲気を醸したら即時撤退です。いつかは不明(無責任)

そして金鉱株ETFのGDX!

永遠に利上げは続きません。いつかマネーは弾けます。(無責任)

底は深いかもしれませんが、天井は間違いなく最高値です。(無責任)

金鉱株投資において知るべきことは2つだけ。
大規模金融緩和の出口政策は金鉱株へどのような影響を与えるのでしょうか。金鉱株の天井はまだまだずーっと先にあるはずです。金鉱株投資に興味を持つ前に最低2つのことだけは確認しておいて下さい。

さいごに

これ以上無責任なことを書くのが辛くなってきました。。。

やっぱり余計なことを考えずにディフェンシブな高配当ETFや連続増配ETFに投資して、企業の利益を分けてもらうのが一番わかりやすくて簡単だと思います。

では、また。

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク