時価総額加重型ETFと配当加重型ETFの採用比率と経費率について

ETFと投資信託

どーも、のぶです。

 

ETFの構成割合の決め方は大まかに2種類あります。

  • 時価総額加重型
  • 配当加重型

この2種です。

 

時価総額加重型について

時価総額加重型のメリットは一度採用してしまえば採用銘柄それぞれの株価が上下しても採用銘柄の時価総額の割合で採用している為、ETF内で銘柄の売買を行う必要はありません。なので、採用銘柄に変化がない限り、売買がありません。この手間のかからなさが投資信託も含めて時価総額加重型の管理コストの安さにつながります。もちろん、時価総額の大きい企業は採用比率も高くなり、指数全体の影響も大きくなることから合理的なウェート付けであるともよく言われています。

今般、パッシブ運用全盛時代ですが、資産額の大きな指数のほとんどがこの時価総額加重型です。

 

例えば、VOO,VYM,1478とかです。

【SPY・IVV・VOOの紹介】米国大型株式S&P500ETFはメジャーベンチマーク。他の株式指数は所詮マイナー。
何に投資して良いのかわからない。では世界でスタンダードな株式指標は何でしょうか?それがSP500なのです。「SPY」「IVV」「VOO」こそ世界で最も注目されている指数に連動します。
【VYMの紹介】バンガード 米国高配当ETFはTHE・高配当ETF!!!
VYMに投資することで米国の大型株の内、平均以上の配当利回り銘柄に投資することができます。VYMは素人投資家が定期的に買い付ける対象としてぴったりですね、
【1478の紹介】 iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETFは増配余地がある好配当ETF
MSCI JAPAN高配当利回りETF-1478は高配当&クオリティ株に投資できる優れものです。少ない分散銘柄数で極力リスクを考慮した投資が行えます。財務分析が苦手な素人投資家に丁度良いETFです。

 

これらのETFはあくまで時価総額でのウェート付けなのです。

つまりVOOについて言えば、リーマンショック直後は金融セクターの比率が低くなってしまい、今は半年前に比べてずっと高くなります。それはETF内で売買した結果ではなく、相場環境によって刻々と割合が変わっているだけです。これらの構成割合を確認したところで時価総額の順位を確認することしかできません。

 

配当加重型について

配当加重型の大きな特徴は配当金額でウェート付けを行っている点です。これは時価総額に関わらず配当力によるウェート付けの為、配当力のファンダメンタルのみに着目していると言い換えることが出来ます。私はこのような配当加重タイプは高配当ETFと連続増配ETFしか知らないです。その為、配当の上下があったり配当の増減以上に株価の増減があった場合、ETF内で売買を行い採用比率の調整を行います。その為、信託報酬は少し高めになります。その際の売買手数料はかかりませんけど、指数を維持する為の手間が発生します。

今般、スマートベータというのもちらほら聞くようになりましたが、圧倒的マイノリティですけどね。設定年がいくらか長いETFを見れば投資家からの評価が時価総額に如実に表れています。

例えばDHSとか1489です。

 

【DHSの紹介】米国高配当ETFは利回りが高いインカムの源泉!
DHSに投資することで米国の上位30%の高利回り銘柄に投資することができます。数あるインデックスの中でも最も高配当なグループに投資ができるといえるでしょう。
【SDYの紹介】米国高配当貴族株式ETFは20年連続増配の永久保有銘柄群にまるっと投資!
SDYは20年連続増配実績を持つ強固なビジネスモデルを持つ企業群で構成された配当加重型ETFです。増配を続け配当支払いが多い企業ほど採用比率が高まる為、ETFのメリットを最大限活かしたETFと言えるでしょう。
【1489の紹介】日経高配当株50ETFは常に高い利回りが得られる高配当ETF!
高配当日本株の配当加重型ETFです。程よい分散と高い利回り。もしかしたら高配当日本株ETFの内で最も長期運用に適したETFかもしれません。配当荷重ってなんだ?って思った方は是非チェックして下さい。

 

 

配当加重型ETFは時価総額が大きくなってしまっても小さくなってしまっても配当金額が変わらなければETF内の比率も変わらないように調整します。つまり、高配当戦略らしく、株価の上げ下げと採用比率は関係がないのです。懸念に上がるのはETF内の売買手数料だと思いますが、ETF内では発生しません。詳しく知りたい方は「ETF コスト外部化」でググって見て下さい。グーグル先生が色々教えてくれます。

 

ETFって何?
ETFって何?投資信託と比べたその優位性について記述しました。どちらも一長一短ですが、購入する金融商品の特徴は把握しておきましょう。実は、ETF内の2つの税金はかからないのです。知ってましたか?

 

スポンサーリンク

さいごに

ETFの比較で単純にコストを比べてしまうと配当加重型ETFが霞んでしまいます。なぜならば構造的に時価総額型は手間がかからず安く済むし、配当加重型は株価の変動で構成比率が変わってしまう為、その分手間賃が高くなってしまうからです。

 

 

ですが、配当加重型のETFが高配当戦略に最適かどうかは誰にもわかりませんけどね。

高配当戦略について
素人投資家×高配当戦略×ETFの組み合わせはおそらく私にとってベストです。最適解を追うことは出来ませんが、高配当戦略の特長を最大限に活かした運用の鍵がETFにありました。不労所得の源泉は配当株に決まりです。

 

 

では、また。

コメント