スポンサーリンク

日本株投資を再開

シェアはどのボタンにする?

どーも、のぶです。

ついに日本株投資を再開しました。

2年ぶりです。

日本株投資はあまりに私にとってしんどかったので撤退していました。



ETFを用いた日本株投資

素人投資家的には日本の個別株は難易度が高くてパスです。ボラリティが高く、一時的に大きく下げても、投資を継続する自信は私にはありません。決算は良くても悪くても株価が下落することがあり、連れ安の巻き込みも半端ありません。

うまく、立ち回る人は本当にすごいと思います。

そんな私はまるっと投資のETFです。
日本株投資でも高配当戦略と連続増配株投資を実施します。
NISA使えば国内の税金が低減できるので本来は一番効率が良いんですよね。企業活動の利益を極力無駄にせずに享受するのはETFで国内株です。日本企業が利益を稼ぐかどうかはまた別の問題ですけどねw

高配当戦略について
素人投資家×高配当戦略×ETFの組み合わせはおそらく私にとってベストです。最適解を追うことは出来ませんが、高配当戦略の特長を最大限に活かした運用の鍵がETFにありました。不労所得の源泉は配当株に決まりです。
連続増配企業への投資-これぞ株式投資の王道
王道投資方法の一つに連続増配企業への投資があります。20年も30年も配当支払いを増やし続けた企業はそれだけで競争力とキャッシュを稼ぐ力を有しており、景気循環にも負けない強さを株主に期待させます。配当の実績が信頼の証となる簡単さも大きなポイントですね。

日本株の連続増配投資

日本はまだ株主フレンドリーな雰囲気はまだ醸成されていません。だからこそ、今後の株主利益を期待できるかもしれません。米国配当貴族インデックスの採用条件は25年と燦然と輝く実績があります。一方で日本の採用条件は配当維持を10年以上です。投資家の期待値が低いほど株主利益は増えるので私は日本連続増配株投資に期待しています。知らんけど。

ちなみに、下記に日本株配当貴族指数の実績を掲げます。

1494 One ETF 高配当日本株-S&P/JPX配当貴族に連動する連続増配ETF!
憧れの配当貴族指数の日本版ETFがついに上場です。高配当ETFではないのですが、長期間運用で元本成長と配当成長の両方を期待することができます。ぜひ、パフォーマンスをご確認して下さい。

あとは、投資信託がありますね。

日本株の高配当戦略

高配当戦略の利益の源泉は株式の徹底的な不人気時代にも継続する長期投資です。つまり、資産形成として株式投資が浸透していない日本株は今がチャンス!知らんけど。

私の主力は1478にします。上記パフォーマンスですね。

高配当日本株ETF-1478( iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF)
ブラックロックが供給する日本株高配当ETFです。配当の質までスクリーニングがかかるスマートベータETFです。少ない分散銘柄数で極力リスクを考慮した投資が行えます。財務分析が苦手な素人投資家に丁度良いETFです。
日本株高配当ETF-1489(日経平均高配当株50指数)
高配当日本株の配当加重型ETFです。程よい分散と高い利回り。もしかしたら高配当日本株ETFの内で最も長期運用に適したETFかもしれません。配当荷重ってなんだ?って思った方は是非チェックして下さい。

日本株へのETF投資の2つの課題

インデックス投資としての適確はあるのか?

日経平均225やTOPIXに比べれば上記2種の投資は効果がありそうな気がします。

そしてデフレ退治に中央銀行が株式資産まで買う危うさがあります。債券を買うことと、株式を買うことには大きな意味の違いがあります。いずれ、ひどいことになりそうですねw

ETFの流動性の乏しさ

買うにも売るにも売買をする相手がいなければ金融商品として致命的な欠陥となります。現状は流動性が非常に乏しいですが、買い付けを開始しました。売る予定はまだなく、上場廃止したとしても、個別株式のように紙くずになることは無いからです。買い付け金額も私は数千円〜数万の小額投資ですからね。

さいごに

当初から気に入っていたんですけどETFの流動性を気にして買い付けていませんでした。

ですが、気に入った人が買わなければ誰が買うんだ!?
って話ですね。

では、また。