相場概観(2018.6.21)米株が安くなるまで正座待機。

経済レポート

2018年も気づけば半分が過ぎています。

私の今年の投資テーマは「金利動向」でした。その点、まだまだ金利が上昇しており、特に何も変わった様子はありません。今の状況の振り返りをしましょう。

おすすめETF2018年版!
2018年の大きなテーマは「金利動向」です。比較的、限定的な状況下によって利益を得られそうなETFをあげてみました。どうなることやら。

 

まず米国のGDPから見てみよう。

実質GDP推移来月に速報値が出ますが1Qまではごくごく順調ですね。金融引き締めは当面継続すると考えています。もちろん先行指標の株価指数が下落した所でそれは変わりません。そしていつも通り、程度の差はあれど緩和は遅れるはずです。

パウエルFRB議長:漸進的な利上げを継続する論拠は「強い」
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、米経済の持続的な成長軌道を維持するための利上げの正当性をあらためて主張。そうした利上げは米金融当局内部からも広く支持されていると説明した。

長期金利が上昇するということは無リスク資産のリターンが上昇することを意味します。ということは、支払うリスクが減少する為、リスク資産価格は下落します。その悪影響の範囲は広く、ほぼ全てと言えるのではないでしょうか。

 

米国GDP関連統計(リアルタイム)
米国GDP関連統計をリアルタイムで掲示しています。速報値も確定値もここで確認してみましょう。GDPを分解した、個人消費、投資支出、政府支出、貿易収支の10年間推移と長期間推移を一緒に確認できます。
米国雇用統計(リアルタイム)
雇用関連統計のリアルタイム状況を掲載しています。先行指標、一致指標、遅行指標などありますので、直近10年間と長期推移でよく比べてご利用ください。
スポンサーリンク

米国長期金利と株式の状況

米国長期金利推移

年始に上昇し、しばらく横ばいで進んだ後、ボラティリティが上昇しています。ですが、いずれにせよ長期金利の下落は米国債が資金を吸い寄せているだけにすぎません。 ディフェンシブな配当株やハイイールド債、新興国資産から今は資金が流出しています。

finviz dynamic chart for  VDC finviz dynamic chart for  HYG finviz dynamic chart for  VWO finviz dynamic chart for  VWOB finviz dynamic chart for  LEMB

 

ディフェンシブな配当株は景気に鈍感です。金利上昇による水準訂正では米株の中でも分が悪いです。今は世界で一番強い株が最も割高な米国株式という姿が未だに続いているというだけですね。

finviz dynamic chart for  VTI finviz dynamic chart for  QQQ finviz dynamic chart for  VUG
米国長期金利の動向(リアルタイム)
この記事では長期金利の短期〜長期チャートの推移を見れます。ついでに短期金利と超長期金利も載せています。リアルタイムなのでいつでもご覧下さい。
スポンサーリンク

$と¥について

finviz dynamic chart for  UUP finviz dynamic chart for  FXY finviz dynamic chart for  CEW

米ドルETFと円ETFと新興国通貨ETFです。

ドル高新興国安ですね。円は意外と強い印象を受けます。最強デフレコインはレバレッジ解消と共に買い戻されるためです。この宿命は一体いつまで続くのでしょうか?なのでドル円では無くて、ドルETFのUUPが重要になります。

スポンサーリンク

今後のトレード予定

今、最も強い株が米国株です。ですが、いずれ下落します。それは資産価格なぞ下落してなんぼだからです。次の緩和に向けてのトレードが重要になりますね。対象は前から決めていましたが、超長期債券、ゴールド、金鉱株、新興国債券及び株式です。

超長期債券もしくは新興国債券の購入が早いかもですね。まぁ、それは米国株が安くなってから考えましょう。

なお、チャートはリアルタイムです。

コメント