スポンサーリンク

つみたてNISAの投資先はどうしようか。

シェアはどのボタンにする?

どーも、のぶです。

私はETFを中心に投資し、投資信託はキャッシュの置き場であるMMF以外に保有していません。そんな私でも来年以降のNISAはつみたてNISAを選択しました。理由は非課税運用期間が20年間であることと年間40万であることがちょうど良かったからです。

もう少し具体的に言えば非課税期間が5年の一般NISAでは5年後には売却しないかもしれません。そして非課税メリットを享受する為に売却するなら40万円が丁度良いということです。私の場合は20年後でも資産形成期における中盤を過ぎたくらいなので多くを売却してしまうことは不都合ですからね。

非課税枠が少ないことに不満がある方も多いでしょうけど、非課税期間が決まっている以上は程々の金額で良いと思っています。もちろん、私は非課税枠をジャブジャブに溢れて特定口座で投資する予定ですけどね。売却しなければ旨味がないNISAに縛られる必要は無いと思います。



つみたてNISAの投資対象は何にしたら良いか

選定のポイントは「20年以内に売却する」こと。この1点に尽きると思います。つまり債券・REIT・商品などへの分散も必要なく株式100%で十分と思います。

つみたてNISAの20年運用は素人の味方!
つみたてNISAの運用期間は20年です。それが分散投資においてどのような意味をもたらすのでしょうか。ぶっちゃけると素人は何の判断も必要ありません。

問題は株式の分散をどの程度で行うかですね。選択肢は大雑把に分けて3つです。

  1. 米国大型株式 or 全米株式に連動するインデックス
  2. 全世界株式(オールミックス)に連動するインデックス
  3. 新興国 or フロンティア株式に連動するインデックス

アクティブ投信は論外です。長期運用である以上、特定の組織に依存した運用は避けたいですね。長期の運用であれば、国家の成長・資本主義社会・新興国の勃興等もっと大きな枠組みへ投資することが無難だと思います。

私はつみたてNISAでは2.の全世界株式で運用しようと思います。資本主義全体へ投資するパターンです。NISAですからね、無難な投資にしておきます。妻がどうするかは今から楽しみです。

楽天・バンガードのVTがSBIで買えれば良いですが、買えない場合は投資信託を2つに分けて買うことになりそうです。マイナーなVTが出てきたことは良い面・悪い面があると思いますがまだ、今後拡充されると思いますので、楽しみにしておきます。

みずほ・ブラックロックはよ

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク

『つみたてNISAの投資先はどうしようか。』へのコメント

  1. 名前:`qw 投稿日:2017/10/27(金) 18:40:34 ID:1e869ec99 返信

    つみたてNISAでSDYが買えるなら迷わず積立NISAにしますね~。

    • 名前:素人投資家-のぶ 投稿日:2017/10/29(日) 14:30:22 ID:4062cefec 返信

      SDYも良いですよね。私はつみたてNISAに関しては1銘柄で完結できる広く分散された商品に魅力を感じました。売却期限が決まってますからね。