いつまで?

シェアはどのボタンにする?

ブレない投資を行う為には5W1Hが重要です。

つまり、「誰が」「いつまで」「どこ」の「何」を「どのように」「なぜ」投資をするのかです。

では、投資の目的は様々ですが、「どのくらいの期間」の投資を想定するか決めましょう。
どのくらいの期間と書いていますがつまり、いつまで運用できるかですね。

死ぬまでなのか定年までなのか子供が成人するまでなのか色々ありますね。



資産運用期間を決めるのに考えなければいけないこと

元本保証ではないリスク資産に投資する以上、含み損を抱える期間がある可能性があります。もし、含み損のまま売却をすればそれは損失を確定することになるので資産運用期間は売却をせずに済む期間で設定をしなければいけません。

予め、知っていなければいけないことの一つに株式投資は長期間運用で運用するほどリターンが高くなります。短期間で資本市場で大きな利益を得ることは素人投資家である限り諦めて下さい。なぜならば、5年後の経済状況ですら誰にも予測することは不可能だからです

ウェルスナビの無料診断

ロボアドの一つにウェルスナビがあり、この無料診断ツールが非常に有能です。是非、試してみてください。今回は資産運用期間だけを10年、20年、30年で変化させた結果をご覧頂きます。ウェルズナビのシミュレーションでは過去10年のリーマンショックも含む実績を基に計算されています。

他の条件は下記の通りです。

  • 毎月積立金額:3万円
  • 初期投資金額:100万円
  • リスク許容度:5/5

運用期間10年の場合:元本460万円

黒い破線が元本部分です。10年の運用では途中で取り崩してしまった場合、損失が発生する可能性がわずかにあることを示しています。しかし、70%の確率で10%の利益が出るようなのでかなり低い確率ですけどね。

運用期間20年の場合:元本820万円

運用期間を20年に伸ばしたことで元本が毀損する確率はほぼありません。むしろ30%の確率で倍以上になっています。

運用期間30年の場合:元本1,180万円

運用期間を更に伸ばすことで元本毀損の確率はないことになっています。あくまでリーマンショックを含む期間の為、100年に一度ではなく1000年に一度クラスの危機があった場合はどうなるか保証はできませんけどね。ですが30%の確率で3倍になることの方がはるかに現実的です。

運用期間の長期化がもたらす効果

ウェルズナビのツールを用いて投資期間の長さの違いを比較してみましたが、運用期間を長くすることで運用効率そのものを大幅に向上させることはご確認頂けましたでしょうか。特に破線部分より上の区間が運用期間が延びるほど非常に広がっていくことがわかります。

長期運用がこれほど投資に良い影響を与えるのはなぜか

逆説的ですがそれは誰もが短期間でお金持ちになりたいからです。誰も払いたくないその時間を長期運用の前提として犠牲にすることで世界経済の成長の果実を資本家の立場で確実に享受することが出来るようになります。

つまり、長期運用を行うことを前提にして、短期間での目標達成を諦めることで素人でも確実にお金持ちになれるんです。

複利の効果

資産運用を行うことで金利が発生する商品や配当金が発生する商品もあります。この配当金を更に再投資することで配当金から配当金を得続けることで複利の効果も得られます。貯金では労働所得をせっせと銀行に預けるだけでしたが、資産運用を行うことでお金がお金を稼ぐ仕組みを作ることが出来ます。この複利の力は長期運用を行うほど配当金の配当金の配当金の…と続くので効果が大きくなります。

暴落局面に対する予めの心構え

リスク資産は必ず暴落局面を迎えることがあります。わずかな期間で資産が半分近く消失するそのストレスは大変なものだと私も想像するしかありません。しかし、長期運用だと居直って普段と変わらずに投資を続けることが結果として大きな成果を得られることは間違いありません。

運用中に-40%近い損益率になってしまえばもううんざりしてしまうかもしれませんが、長期運用である心構えを崩さなければその暴落局面こそがバーゲンセールであることがわかります。ただし、バーゲンセールの期間が10年続く可能性もあることから運用は長期であればあるほど好ましいのです。しかし、10年も暴落が続くのは恐ろしいですね。



資産運用期間の決め方

当ブログでは資産運用期間は出来るだけ長くすることを強くお勧めいたします。ウェルズナビのシミュレーションは20年で元本毀損する確率はほぼありませんでした。できるなれば20年以上での運用が望ましいですね。

資産運用においては何に投資するのかに目を奪われがちですがどのくらい資産運用に時間をかけられるのかがパフォーマンスに対して大きな影響を与えます。5W1Hの一つ一つを決して軽視せず、一個づつ確認していきましょう。

スポンサーリンク
人気関連記事

シェアはどのボタンにする?

スポンサーリンク