債券ETFとは?

債券投資

どーも、のぶです。

 

私の投資のスタンスは長期・分散・積立です。
長期であれば債券投資は必要無く、株式投資が最もリスクが低く、株式投資が最もリターンが高かったです。

本当に株式投資で良いのかな?
株式投資のリスクは高いと思いますか?実は長期運用を前提とした場合は株式投資のリスクは債券投資より低くなり、リターンも最も高くなります。株式投資に自信を持つことが出来れば長期運用も気が楽になりますね。

 

ですが、債券クラスには重要な性質があります。
それは短期的にリスク資産の資金の避難先になることです。

 

今回は株式ETFばかりではなく、債券ETFの運用について紹介させて頂きます。

ETFって何?
ETFって何?投資信託と比べたその優位性について記述しました。どちらも一長一短ですが、購入する金融商品の特徴は把握しておきましょう。実は、ETF内の2つの税金はかからないのです。知ってましたか?

 

スポンサーリンク

債券ETFとは

の前にw

生債券を買うのは意外と面倒でまとまったお金が必要だったりするんですよね。
そして償還期限が決まっていて、途中解約すると元本割れしてしまいます。
なので、まとまったお金を低利で長期間運用するだけで良いのであれば、経費がかからない生債券への投資が有効になります。

まぁ、私には未来永劫関係ない話ですけどね。

 

では、債券ETFのお話に戻ります。

 

債券ETFの投資対象

債券ETFでは債券に投資しています。
当然ですねw

  • 短期国債
  • 長期国債
  • 短期社債
  • 長期社債
  • モーゲージ債
  • etc

様々な債券が市場に流通しており、ETFを通して手軽に投資を行える環境に私達はいます。

債券ETFのメリット

生債券に対して債券ETFのメリットは下記の通りです。

  • 少額からの投資が可能
  • 市場で簡単に取引出来る
  • 償還期限のリスクが無い
  • 途中解約のリスクが無い
  • 分散されている為、債務不履行のリスクが低い

債券ETFのデメリット

生債券に比べた債券ETFのデメリットは下記の通りです。

  • ETFの経費が発生する
  • 市場で売買する為、元本保証されていない

債券ETFの使い方

これが難しいんです。
だって債券の最も大きな特徴である元本保証がETFで失われていますからね。
ですが、債券の本質は安心・安全にあることには変わりません。
メリットを活かして少額でリスクを抑えた資金の運用先として購入するだけです。

 

このブログでは株式クラスと逆相関であることを利用することをお勧めします。

下記にVOO(緑)AGG(青)の1年間のチャートを貼ります。

【SPY・IVV・VOOの紹介】米国大型株式S&P500ETFはメジャーベンチマーク。他の株式指数は所詮マイナー。
何に投資して良いのかわからない。では世界でスタンダードな株式指標は何でしょうか?それがSP500なのです。「SPY」「IVV」「VOO」こそ世界で最も注目されている指数に連動します。
【AGG・BNDの紹介】米国総合債券ETFが最も普通の総合債券ETF
AGG,BNDは米国総合債券にまるっと投資できるETFです。円建てでは投資出来ない様々な投資適格債券に対して分散して投資ができることが最大のメリットです。

赤丸1、2

ここの赤丸はまさにVOOが調整した局面です。
その際に、AGGはの価格が上昇していることが確認できます。

 

赤丸3

ここの赤丸はまさにVOOが暴騰し、リスクオンしている局面です。

その際に、AGGの価格が下落しています。

 

 

 

こうやって振り返ってみるとこの1年間はいろいろありましたねw

 

スポンサーリンク

最後に

このようにVOO(株式ETF)とAGG(債券ETF)の両方を持つことでそれぞれが逆の動きをする為、急激な値動きを抑止することができました。資産の値動きをマイルドにしたい方、または株式が大きく下がり債券ETFの売却資金で株式購入の原資にしたい方はこのような債券ETFを採用するのは如何でしょうか。

 

 

では、また。

コメント